脂漏性皮膚炎で顔がかゆい苦しみは治ります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代、顔がギトギトしている男の先生を見ると、生徒皆で嫌がってました。
おでこや、鼻って、なんであんなにキモイの。
白いフケが目立っててキモイ。
当たり前に悪口言ってました。

あれから20年以上の歳月が過ぎ、今あの先生と同じ立場になってます。
先生ごめんなさい。
当時こういう病名があったかは知る由もありません。
私が同じ症状になった今、皮膚の病気だとわかりました。
その名も脂漏性皮膚炎。
このいかにも的な病名の皮膚炎は、ストレス社会でなにかと悪さをしてるみたいです。
顔がかゆいし病院できっちり治しておかないと、どんどん悪化してく。
徹底的に付き合うことになった脂漏性皮膚炎を、一緒に治しちゃいましょう。

<スポンサーリンク>

脂漏性皮膚炎で顔がかゆい

40歳にかかる手前くらいから妙に顔がかゆい。
気が付くとボリボリ掻いている。
耳の下、おでこ、鼻の横、生え際。
とにかくボリボリとかゆい。
夜、熟睡感がなくって、疲れがたまってヘロヘロになりました。
わけがわからず、すがる思いで病院に行くと、皮膚科を紹介されました。

診断は脂漏性皮膚炎という症状。

顔がかゆいってこんなに落ち着かないものなんですね。
私の顔に出た脂漏性皮膚炎は、アトピー症状とはまた違うみたいです。
アトピーの方も、かゆくてむずむずして苦しいそうですよね。
心中お察しします。
明日は我が身。
40歳の中年オヤジになった今、こんな苦しみを味わうとは思いませんでした。

幸い重症化ではなかったみたいです。
それでも、皮膚科医のお医者さんには1か月半は通いました。
個人差はあるけど、同じ人でも3週間くらいで治まる場合もあるよ。
と言われてました。
30代から脂漏性皮膚炎を顔や頭部に発症する中年男性が増えているそうです。
一般的要因として、大きく3つの原因を指摘されました。

・環境や遺伝によるもの
・過剰なストレス
・常在菌

・環境や遺伝によるもの

まず言われたことが、親兄弟で似たような症状の人がいないかどうかでした。
私の場合は親兄弟にはいませんでした。
脂っぽくベタベタなりやすい体質のかたが家族にいた。
これは遺伝的に脂漏性皮膚炎になりやすいそうです。

生活環境や食生活の乱れは身体的にも精神的にも身体にキマス。
過労やお風呂に入らない日が続く。
お風呂に入っていたとしても、ゆっくりできてない。
休日に疲れが取れていない。
以上はすべて私に当てはまっていました。

・過剰なストレス

上記でも少し触れましたが、「ストレスどう?」お医者さんから念を押して確認されたことです。
素直に「はい。非常に感じています。」と答えました。
30代半ばから仕事量がぐーんと増えてたんです。
やりがいはあったし、嫌じゃなかったんで、がむしゃらでしたね。
でも、同時にそこにかかるストレスもしっかり感じてました。

よくあるパターンですよね。

また、我々のような中年世代に入ると加齢とともに皮脂の量が増えるんです。
そこに、過剰な精神的なストレスが重なって、脂漏性皮膚炎という形で発症したんです。
お医者さん曰く「皮膚トラブルでわかったんだからよかったじゃないですか。治るんですから。」

この言葉には救われました。

脂漏性皮膚炎で顔がかゆいという症状にでただけよかったということです。
表面化しない病気、例えば内臓疾患とかうつ症状だったら、もっと辛かったかもしれないよ。
そういうアドバイスをしてくれたんだと思います。

・常在菌

マラセチアという聞いたことがない常在菌で顔がかゆくなります。
皮膚疾患に詳しい方だと「常在菌」でピンときたかもしれませんね。
そうなんです同じ常在菌のいわゆる水虫(これは真菌と呼ばれるもの)が足や手の痒みで超有名。
マラセチアも肌にある常在菌で癜風(でんぷう)という皮膚疾患になります。
ただ、脂漏性皮膚炎はマラセチア菌と皮膚との炎症反応でかゆくなるそうです。
私は当てはまりませんでした。

ここまで書いたように脂漏性皮膚炎の原因にも個人差があります。
私の場合は、生活の乱れと慢性的な疲れと過剰なストレスからの発症でした。
次に具体的にどんなに症状だったか、どう治療したかを説明しますね。

<スポンサーリンク>

脂漏性皮膚炎の顔の症状と治療薬

脂漏性皮膚炎が顔や頭に出た場合は次の症状が多いです。

・顔や頭に赤い湿疹ができる
・フケが増える
・皮膚が油っぽくなる
・抜け毛が増える

・顔や頭に赤い湿疹ができる

このまんまですね。
脂漏性皮膚炎が出たところはピンクっぽい赤色に炎症を起こします。
私の場合はカサカサした皮剥けのような感じでした。
ただ、顔よりは先に頭の特に生え際がかゆく、フケが多くなっていたような気がします。
頭皮の次にかゆいと感じたのは顔の小鼻の横。
ここもカサカサ、ガサガサした感じになりました。
ギトギト、テカテカして、どちらにしてもいい印象はなかったと思います。

・フケが増える

とにかくフケが増えました。
最初は小さい埃のような、いかにも中年オヤジ風のあのフケです。
その後、痒みが悪化して、フケが大きく分厚くなりました。
大きいフケが出た近いところに、赤いカサブタができました。
病院に行く前のころは毎日毎晩、かさぶたを爪でひっかいてました。
もうこの頃はよく眠れてなかったのをよく覚えてます。

・皮膚が油っぽくなる

おでこや、鼻の頭、ひたいがギトギトしててかってしまいます。
いかにも油性という感じです。
触るとザラザラして、カサカサした感覚なんですが、見た目は汚いオヤジです。
おでこと鼻はてかってましたね。
40~50人に1人か2人は脂漏性皮膚炎の痒みで悩んでいるそうです。
40歳になった中年はみなギトギトしているってのは、案外本当な気がしました。
本当、我が身になったら笑えないですよ。

・抜け毛が増える

症状が進むと必要以上に皮脂が増えていきます。

いよいよ頭皮の抜け毛、薄毛への変身時期に突入です。

別に誰しもが、好き好んで変身したいわけじゃないんですけどね。
脂漏性皮膚炎で毛根に炎症が起きると抜け毛につながります。
あえて、別名で呼ばせていただきますと「脂漏性脱毛症」と呼ばれるものです。
最近、抜け毛が増えた。
かゆくないし、フケに困ってるわけじゃない。
でも病院にいったら、脂漏性脱毛症だった。

いま、こういう傾向の中年オジサマが、いらっしゃるようですよ。

脂漏性皮膚炎の治療方法って?

顔や頭皮がかゆいのが脂漏性皮膚炎だった。
こう診断されたら、お医者さんから処方された薬をちゃんと使いましょう。

最初の数日は飲み薬が2種類ありました。
かゆいのを抑える薬と、アレルギー剤の2錠です。
そして、ステロイド系の塗り薬を主に使った治療になりました。
お風呂上りで水分をしっかり取り、少量を患部に塗る。
次の日からかゆいのはよくなっていった気がしました。
4~5日もすると明らかに痒みは引いていきましたね。
ステロイド系の外用薬は効き目が抜群でした。
ただ、ステロイド系は3~4か月など、長期間使用すると副作用が目立つと言われます。
色素沈着なとの皮膚の変色やガサガサ化していくなどです。
お医者さんもその辺りはよく考えてくれて、翌週の再受診のときには、塗り薬を変えてくれました。
薬はかわりましたが、よくなっていくのはわかりました。
それと注意点がひとつ。
これ、お医者さんに直接いわれたんですが、よくなったからと薬を油断せず続けてさいね。
という一言。
もう大丈夫の一言がでるまで、ちゃんと治療したつもりですし、実際完治できました。

常在菌のマラセチア菌と皮膚の炎症が関係していると顕微鏡検査などで診断されたとき。
抗真菌外用薬でクリーム状の薬剤が処方されます。
ゆっくり効くらしく、副作用もほとんどないんです。
その分お風呂上りなど毎日根気よく塗らないといけません。
根気よくといっても、早ければ2週間くらいで効果が見られてきます。

ここまではお医者さんによる医学的な治療方法です。
私としてはここからが更に大切かなと思いました。

忘れてませんか?
食生活、生活習慣の改善とストレスとの向き合い方。
これ、とーっても大切です。

なぜかって?
私、完治して安心したのもつかの間、半年後に見事に再発したんです。
まーほんとに、まんま同じ症状が再発しました。

お医者さんにも(ねー、だから生活習慣やストレスのこと言ったでしょ。)
って目で見られました。

冷ややかな白い視線だったわけじゃないですよ。

ちゃんと年相応の自覚をしましょうね。
という優しい眼差しでした。

シャンプーの仕方を変えるのは効果がありましたよ。
分かり易い動画がありまのでご紹介しますね

食事を野菜多めに摂ってみる。
朝ごはんをちゃんと食べる。
コーヒーやインスタント食品等の刺激物を極力控え、水分補給はお茶などにしてみる。
この辺から始めてみませんか。

次にやってみること。
ちょっとした運動を試してみる。
休日はぐーたら寝てみる。
映画鑑賞で余韻に浸る。
愛車の洗車。
なんでもいいんです。
敢えて外的な気分転換を試みてください。

長くなりましたが脂漏性皮膚炎についておさらいしておきましょうか

<スポンサーリンク>

まとめ

脂漏性皮膚炎で顔がかゆい
40歳にかかる手前くらいから妙に顔がかゆい。
ストレスや生活環境など原因をあげました。

脂漏性皮膚炎の顔の症状と治療薬。

脂漏性皮膚炎が顔や頭に出た場合の症状と治療薬ですね。
皮膚が油っぽくなることや赤い湿疹などをあげました。
治療はかゆいのを抑える薬と、アレルギー剤の2錠です。

%e8%84%82%e6%bc%8f%e6%80%a7%e7%9a%ae%e8%86%9a%e7%82%8e-%e9%a1%94-%e8%96%ac

そして、ステロイド系の塗り薬を主に使った治療でした。
常在菌のと皮膚の炎症が関係していると診断されたとき。
抗真菌用の外用薬が処方されることもあります。

シャンプーの仕方を変えるのは効果がありましたよ。

あとは食習慣を見直してみる。
気分転換やちょっとした運動を取り入れてみる。
やってみて損はないです。

40歳になった中年オヤジライフを楽しみましょう

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. カマキラス より:

    ここ数ヶ月頭部、特におでこの生え際がやたらとかゆくなりかきむしりすぎて抜け毛もいじょうにひどくなってきたところでした。髪の洗い方動画は非常に参考になりました。早速試してみます。また生活習慣の見直しも同時に行いたいと思います。髪のトラブルはストレスが影響するとはよくいわれますからね。

    1. yuki より:

      カキマラスさんありがとうございます。
      生活習慣はぜひ見直して下さい。
      日にちはかかりますが、私はテキメンに改善できました。

コメントを残す

*