脂漏性皮膚炎のシャンプーで男性用の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ただでさえ抜け毛や薄毛が気になってる40代。
そして大きなフケ。
超特大のフケが髪の毛から浮かんできて目の前で落ちました。
また、頭皮のかゆいところがカサブタのように分厚く硬くなってきてるし。
家族と一緒に使ってるシャンプーは絶対私にはあってないよなー。

脂漏性皮膚炎の治療で一旦はよくなったんですが、やはり再発しました。
皮膚科医のお医者さんからは事前告知があったんです。

「また痒くなったら来てくださいね(笑顔)。」

脂漏性皮膚炎は治ることがわかってたんで、今回はシャンプーについてです。
徹底的に調べて実践したことをお伝えしますね。
同じ苦しみを感じてるあなた。
アラフォーパワーでこの苦しみを一緒に乗り越えましょう。

<スポンサーリンク>

脂漏性皮膚炎のシャンプーでフルフルがいいって聞いたけど?

脂漏性皮膚炎のシャンプーは合う合わないの個人差があります。
40代に突入し、頭皮の体質も段々と変化してきました。
もっと、単刀直入に言うと老化しているんです。

老化して汚れた皮脂が増えてきた中年オヤジにいいシャンプー。
噂でフルフルがいいってきいたけど、フルフルって何?

後述の・専門家に相談してみる、でも解説しますが、脂漏性皮膚炎にいいとされるシャンプーです。
評判がいいのは確かですし、私も使ってみました。

確かに良かったです。

ただし、脂漏性皮膚炎というのは立派な皮膚の病気です。
長く付き合っていかないといけない自分の頭皮。
効果があるってネットで見たからといって、単純にネットの購入ボタンを押してほしくないのが本音です。

シャンプーも高いものは価格なりの効果があります。
でも、あなたにその高額商品を買うほどの症状ではないこともあります。

経験上、ここは押さえとかないといけない。
という、基本的な選び方の具体例をあげておきますね。

・すぐ泡立つ安価なものは避ける
・頭皮に優しい成分のものを使う
・専門家に相談してみる

一つずつみてきましょう。

・すぐ泡立つ安価なものは避ける

昔からテレビCMでやってるアノテのモノです。
凄く泡立って、フケも痒みも、髪に潤いも与えてくれる。
これ一本ですべて完璧!
少なくとも脂漏性皮膚炎で悩んでいる人にとって、あれはないです。
謳ってる「強くこすらなくても、皮脂の汚れをふわっと浮かせてベタつきなし。髪サラサラ。」
決して嘘じゃないんです。
強くこすらなくても汚れを落とす成分は入ってます。
皮脂を浮かせる成分も入ってます。
髪をサラサラにする成分も十分あります。

ただ、ありすぎて強すぎるんです。
新陳代謝のいい若い時ならいざしらず、40歳の中年オヤジの皮脂なんて無残なものです。
毛穴が詰まりまくってます。

参考になる動画がこちらです。

そこに汚れを強力に落とす強い成分が入ったシャンプーを使う。
当然刺激が強くなります。
強い刺激で頭皮を洗えば、よけいに痒み、傷みが悪化します。
自分の脂漏性皮膚炎の症状にあったシャンプーでケアすることが最優先です。

・頭皮に優しい成分のものを使う

アミノ酸配合配合のモノはまず見ておいてください。
刺激が弱く、天然由来の高級脂肪酸とアミノ酸が配合されてます。
肌の弱い方、乾燥しやすい頭皮や髪の毛の方はアミノ酸配合シャンプーはよいと思います。
要チェックです。
ドラッグストアで配合成分をじーっと見るなんて、ハゲてる中年みたいで恥ずかしい。
そう思ってるでしょ。

ハゲ(じゃないにしても)の中年オヤジを自覚しください。
最初は私もちょっとだけ抵抗がありました。
けど、現在のドラッグストアで、あれだけ男性用のシャンプーコーナーが充実している。

これはそれだけ、買いたいお客さんがいるってことです。
深く考えずに、ちょこちょこ見ているうちに、次第に慣れてきますよ。
メンズシャンプーコーナーは見ていると面白くなってきますから。
脂漏性皮膚炎は皮脂が多すぎておこる場合と、少なくて頭皮が傷ついている場合とがあります。
じゃあ、どっちがどう違うのかわからないじゃない。
と思われますよね。

なので、頭皮に優しい洗浄力の弱いものがいいんです。
頭皮や髪にトラブルがあって悩んでいるわけです。
大前提は優しいシャンプーを選ぶことです。

一番大切なのは自分にあったシャンプーを、一から改めてじっくり選び直してみることです。
ネットのレビューだけでは、あなたの頭皮の状態はわかりません。
つぎにあげる専門家に相談してみることがポイントです。

・専門家に相談してみる

脂漏性皮膚炎になってしまったら、じぶんではまず治せません。
かゆいのやかさぶたを治すなら、皮膚科医のお医者さんに受診しないといけないでしょう。

よくなってきて、頭皮ケアについて聞けるようになってきたら、お医者さんに聞いてみてください。
きくことは、あなたの頭皮体質とどんなシャンプーがいいのかの二点です。
おそらくコラージュフルフルを薦められると思います。
7~8年前には皮膚科医のおすすめシャンプーとして、受付の横に並んでいたのを覚えています。
当時は脂漏性皮膚炎で通ってたわけじゃないですが、病院なのに面白い名前のシャンプーを売るんだな。
印象に残ってました。

皮膚科医でもらった処方箋をもって調剤薬局に行くわけですが、ここでも専門家のかたがいらっしゃいます。
そう薬剤師さんです。
皮膚科医の処方箋を受ける薬局は、皮膚の悩みに詳しい薬剤師さんやスタッフさんが多いです。
店番だけやってるわけじゃないですから、お医者さん同様、よく勉強されています。

はっきり具体的に聞いてみるといいと思います。
お医者さんにはコラージュフルフルを薦められたんですが、実際どんなもんでしょうか?
でいいですよ。

皮脂がおおいと言われたとか、春や秋などかゆいシーズンがあるとか。
初めていった薬局ですべての相談はできないです。
次に待っている患者さんもいますしね。
受診のたびに何回か通わなといけないと思うので、すこしずつ相談に乗ってもらうこと。

そのなかでシャンプー選びに協力してもらえばいいと思います。
結果的には私はコラージュフルフルは使いませんでした。
聞くと驚くでしょうが、4000円くらいの商品にしました。
7000円や8000円の商品もありましたが、育毛剤が配合されてたりでした。
私には必要ないと言われて、4000円のモノをひとまず使ってみることにしました。

<スポンサーリンク>

脂漏性皮膚炎のシャンプーは市販品と違う?

皮膚科医のお医者さんのお世話になる前の話。
シャンプーを買いにドラッグストアに行ったら愕然としました。
シャンプーコーナーだけで一壁並んでますよね。
田舎育ちの私は、街に出てきたときのその種類の多さに、まさに呆然。
「このお店は何屋さん?」異次元空間に入り込んで、数十秒立ちすくんでた記憶がはっきり残ってます。
本当に中年オヤジの私の髪にいいシャンプなんてあるのか?

まず疑いましたね。

だって、化粧品コーナーにもシャンプーあるし、医薬部外品コーナーにもシャンプーあるし。
どっちなんだよって話。
陳列されているシャンプーは、ざっくり女性用と男性用で分かれてます。
まあ、これは私だけじゃなく、同じ中年オヤジの方々が見てもおわかりになるかと。

男性用コーナーでこれまた分かれてます。
若い子用のお洒落感のあるシャンプーのコーナーと、頭皮でお悩みオジサマコーナーですね。
オジサマコーナーのほうが種類が少なく、気のせいか肩身も狭い雰囲気が漂っています。
市販品のシャンプーは臭いを抑えるモノ、フケを抑えるもの、スカッとするもの、デザインもカッコいい。
使った後の即効性を感じるものによって種類が分かれている。
そして、値段も高くても3000円かもうちょっとくらい。
こんな感じでしょうか。

一方で脂漏性皮膚炎や頭皮トラブル用のシャンプーは
低刺激でとにかく肌に優しいモノ、パッケージやデザインは地味、というかダサイ。
4000円とか6000円弱ものなんてのもある。
使った後のさっぱり感はあまり感じないです。
むしろ味わうのは頭皮への優しさじゃないでしょうか。

使い続けるとこれがじわじわと感じてきます。

一方で若い子用のシャンプーは使い続けると、かゆい、ヒリヒリする、フケが増えてきた。
そういう印象が強かったです。
言い切っちゃうのもなんですが、若い子用のシャンプー。
その中でも、数百円のモノより2000円弱くらいのちょっと高めほうがまだよかったですね。

脂漏性皮膚炎でシャンプーを使う頻度

これは薬局で聞いて、お医者さんにも確認したことなんです。
個人的に結構重要ポイントなマル得情報だと思ったんで、ぜひご紹介したい内容です。

脂漏性皮膚炎対策に選んだシャンプーって高いじゃないですか。
それを毎日お風呂で使うには長期的には非常に肩身が狭い。
単刀直入に薬剤師さんに聞いたんです。

よく、その悩みで尋ねられる方が多いらしいです。
おススメする側としてのアドバイスを頂きました。

市販の低刺激用の手頃なシャンプー(2000円位)を一本別に購入してください。
そして、皮膚炎用の高いシャンプーと併用してみてください。
心配ならお医者さんにも相談なさってください。
というお言葉。

もちろんお医者さんにも相談しました。
「状態も落ち着いてるし、今後のケアとして、それでもOKですよ。」

という自分の財布には救いのお言葉。

2本も買わないといけないのか(怒)

安心してください。
長期間で計算すると安くて済むことがわかりますよ。

使用頻度はいろいろ試しました。
結果、私の場合は「市販品2:皮膚炎用1」
つまり3日に1回くらいです。

私が症状が出やすい春や秋は1:1に変えます。
ここ2年はこれで落ち着いてます。

もちろん、脂漏性皮膚炎の症状かな?とおもったら、迷わずに皮膚科医にGoしてます。

脂漏性皮膚炎のシャンプーについて経験談を解説しました。

おさらいしておきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

脂漏性皮膚炎のシャンプーはコラージュフルフルがいいの?
脂漏性皮膚炎用のシャンプーでも症状に個人差があって一概には言えないです。
私が長年使っているものはコラフル(すみません洒落っ気で略しました。)とはほとんど違う成分です。
なので、基本的な選び方の具体例をあげました。
「泡立ちのいい安価なものは避ける、優しい成分を選ぶ、専門家に相談する。」
の3つです。

脂漏性皮膚炎のシャンプーは市販品と違います。
若い男の子コーナーと頭皮でお悩みオジサマコーナーのモノは成分が違いますし、効果も異なります。
頭皮そのものが全く違うと思ってください。
ならば成分や使用目的が爽快感だったり、だったりで変わってくるでしょ?

皮膚炎用のシャンプーを使う頻度。
毎日高額なシャンプーを使ってもお財布には限界があります。
なので市販の低刺激成分のシャンプーとの併用をお勧めします。
私の場合を例に上げさせてもらいました。
市販2:皮膚炎用1です。
症状が再発したときは、皮膚科医で治療しながら1:1で使用頻度を上げます。
いまのところこれでキープできてます。

40歳を迎えて数年が経ちました。
数年すると四捨五入で50歳の大台です。
抜け毛、ハゲ、金欠(これはちょっと違う悩みですね)。

でも前向きに行きましょうよ。
少なくとも自分にはそう言い聞かせてます。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*