蓄膿症の臭いはどんなにおい?対策はあるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたし、小さなころからすぐに鼻水がでてました。
特に寒くて、風の強い日。
田舎育ちで耳鼻科がなく、内科だけでした。
飲み薬が出ましたが何週間もと良くならかった哀しい覚えがあります。
40歳を迎えた今でも、時々鼻の奥から出てきます。

ひどいと鼻の奥が痛い。
頭痛がする。
熱がないからいいや。

は避けといたほうがよいです。早めに耳鼻咽喉科に行くがよいです。
耳鼻科に通い詰め、調べに調べたことをお伝えしますね。

<スポンサーリンク>

蓄膿症臭いはどんなに臭いの

黄色い鼻水が出るのは日常的になるときにならならくなりがち。
ただ放置すると、鼻の痛み、頭痛、ひどくなると、炎症から発熱につながります。
中年オヤジが蓄膿症で臭い青っ鼻。
いつも鼻をすする。
そしてなにより臭い。
いいことが一つもないんです。
慢性の副鼻腔炎で風邪やアレルギーとは全く違います。
ただし、アレルギー性の鼻炎で副鼻腔炎になること。
これは40歳であろうが、中年であろうがありえるので注意が必要です。
早め、早めの対処が良しですよ。

私の蓄膿症の悪臭には次のことがあよくあります

・鼻の中から臭いがする
・ドロドロした鼻水が臭う。
・口のなかが臭う
・マスクをしていても周りに臭う

簡単にひとつずつ見ていきましょう

・鼻の中から臭いがする

鼻の奥の鼻腔と呼ばれる目のあたりの奥に空洞があります。
そこに膿が溜まるのでその臭いが鼻から出てきます。
鼻が臭う気がするのはそのためです。

・ドロドロした鼻水が臭う。

鼻腔の奥に溜まったドロドロした膿そのものが臭います。
膿なので若くても、私のようなしばがない中年でも一緒です。
臭うのは仕方がありません。
早く治すことに全神経を集中させましょう。

・口のなかが臭う

鼻腔と鼻が繋がっている。
鼻腔の膿が喉や鼻に落ちてくる。
なので、どうしても悪化すると口臭の原因になります。
マスクて場しのぎ的に隠すことはできますが、早めの治療がやはり望ましですね。
特に40代、中年オヤジはエチケットが仕事の手腕にも影響します。

生活感のある若々しい中年は、仕事が大してできなくても、どこか頼られるてきます。
そんなとき、無意識に相手に「素敵だな。かっこいいな。」と思わせるのは絶対にポイントアップです。
仕事のやりやすさに影響します。
この話は私ではなく、さりげなく気を付けている先輩に当てはまることなんです。

そんなにバリバリ仕事ができるタイプな人ではないんですが、まー、すかれてますよ。
それに客先相手で若手の社員はあなたの背中をみて育ちますよ。

口臭エチケット、清潔感は気を付けましょうね

・マスクをしていても周りに臭う

これは気を付けたほうがいいです。
重症化すると、目の奥が痛い、鼻腔が痛い、微熱が続く。
こうなるとマスクをしていても膿の臭いが周囲に漂います。
一時期私もそうでした、毎日耳鼻科で膿の吸引とネブライザーをしました。

処方された点鼻薬と併用して、完治に1ケ月半かかりました。
こうなる前に早く病院に行っておけばよかったと後悔しています。

以上、いわゆる青っ鼻が鼻の奥に溜まって、呼吸が苦しく眠れない。
眠れないから、よけいに身体が辛るなりしんどい。
だいぶおおきくなってからのはなし。
耳鼻科に行くと蓄膿症の診断を受けました。
いやゆる副鼻腔炎です。
鼻腔の奥で炎症が起き、ドロッとした膿のような青鼻がで続ける。
微熱が続く。
など私の事例も踏まえた蓄膿症の悪臭の原因を挙げてみました。
いいことが全くないんです。
ただの鼻水と侮ることなかれ、苦しい状態で毎日仕事に行くのは辛すぎです。

早めに対策するがよしです
次に蓄膿症の臭い対策を説明しますね。

蓄膿症の臭い対策

・耳鼻科受診
・鼻うがい
・市販薬を使う
・手術

・耳鼻科受診

まず、耳鼻咽喉科に行って治すことです。
もちろん耳鼻科でいいです

これ一番、特に40歳すぎた中年。
蓄膿症で口臭、悪臭なんて、会社、職場でははっきりいって最悪です。
治すことが最優先です。

数か所病院を回ってみました。
耳鼻科医のお医者さんによって治療法が違うみたいですが基本は一緒。

点鼻薬をドバドバ入れる。
吸引する。
ネブライザーを使う。
飲み薬を飲む。
こんな感じでした。

これを数日か2週間ほど続けます。

放置しておくと確実に悪化します。
魚腐ったようなにおい、雑巾のような臭い、ドブのような臭い。

%e8%93%84%e8%86%bf%e7%97%87-%e8%87%ad%e3%81%84-%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa

仕事への集中力はないし、体がだるく、体調がすぐれない。
いいことは何一つないです。

私がやってみて、すっきり参考になったた鼻うがい動画を紹介しますね。
最初はこわいかもですが、やってみると案外できましたよ。

動画は自宅にあるモノで鼻うがいをしました。
私も自宅にあるモノで鼻うがいをしました。

・市販薬を使う

ドラッグストアで鼻うがい専用の商品も置いてあります。
使ってみるのもアリだと思います。
試してみましたら、商品化されているだけあって、とても使い易かったです。

一回使い捨てで700円前後ですね。

あなたのお財布事情と相談してみて下さい。

私は、効果は自分で準備したものと、商品と使ってみての感じがさほど変わりませんでした。
なので、商品を試したのは一回こっきりでした。
参考までにおしらせしておきますね。

あと市販薬で蓄膿症の薬があります。
病院に行く時間が取れない方もいらっしゃるかと思います。
使ってみるもの一案です。

ただし、改善状況が全く分からない。
無駄にお金だけ払っているような気になってくる。
治療の効果が耳鼻科ほどではない。

%e8%93%84%e8%86%bf%e7%97%87-%e8%87%ad%e3%81%84-%e5%af%be%e7%ad%96

以上の理由から完治まで病院以上に時間がかかります。
私も使ってみて、確かに使いやすいんですが、これがデメリットですかね。

・手術

蓄膿症が重症化すると、鼻にポリープができることもあります。
個人差はありますが、手術が必要になる場合があります。
重症患者さんの手術経験のあるお医者さんは、かなり本気で初期段階からの治療を頑張ってくれます。
必ず、毎日治療に来てください。
私は、脅されるように、毎日行きましたもん。
中年ハゲオヤジになって、こんなに必死で耳鼻科に通うことになるなんて思いもよりませんでした。

でも完治したときは「やっと治りましたね。大変でしたね。もういいでうよ。」
本当に親身になって治療してもらえたんで、嬉しかったですね。
重症化、長期化していたと思うとゾっとします。
また、歯の病気が原因で蓄膿症になることもあります。

蓄膿症の臭いと原因

はい、私は30代後半のころに初めて蓄膿症になりました。
まー。辛かったですね。

中年のベタベタオヤジが口臭と鼻の臭い、鼻水ズルズル。
マスクしても、周りに異臭がするわけですから。
ストレスにもなりました。

人を相手にする仕事で、しかも閉鎖的な職場、うつして広めちゃいけないって気が気じゃなかったです。

なので徹底的に調べましたし、治療もしましたよ。

私が副鼻腔が炎症を起こしたきっかけは稲による鼻炎でした。
その年のアレルギー性鼻炎はとにかく酷かったんです。

蓄膿症はは、鼻風邪、重度のアレルギー性鼻炎などの鼻の炎症が起因してることが多いです。
鼻炎などが引き金になって、鼻の粘膜が炎症を起こしてしまうことが原因でなる病気です。
鼻づまりや鼻水が沢山出てあっというまに鼻空の炎症が出ます。
タイミングは運としか言いようがないようにもおもえました。

蓄膿症が長期にわたって症状が続くこと。
慢性化する場合は、慢性的な副鼻腔炎と呼ばれることがあるようです。
副鼻腔炎の症状としては、粘膜が腫れ上がることで鼻づまり、いびき、嗅覚低下などの主症状が出ます。
わたし、嗅覚は完全にバカになりましたね。

好物のシチューの香もわかりませんでした。

また、どうしても口呼吸するようになります。
喉の粘膜がが乾燥して咳がでやすくなり、ノドを痛めます。
もちろん喉風邪が引きやすくなって、エアコンなど乾燥した空気に敏感になり治りにくくなります。
毎年、私の職場の風邪ひきの半分はエアコン暖房による喉の炎症です。

乾燥時期や冷え込むときにマスクをすれば大分違います。
正直マスクされてない人が圧倒的に多いようです。

夜中睡眠中に交感神経の緊張が取れず体の疲れがさらに進む。
熟睡が妨げられることで集中力の低下やイライラ、頭重感などの余計に風症状の悪化がでます。
夜中のせき込みは辛いですよね。

ちょっと話は変わりますが、接骨院の先生がアロママッサージをしてくれるんです。
相談すると、熟睡や快眠、喉にいいアロマオイルをつかうといいかもと教えてくれました。
使い方は超簡単です。
寝る前にティッシュに一滴、熟睡感や快眠、喉にいいとされるアロマオイルを垂らします。

これを枕元におくだけ。

安眠のオイル、喉にいいオイルは個人差があります。
効果が多少ですが変わるので、その時の気分で使い分けたらいいそうです。
気楽に試すのがコツってところですかね。
安眠のオイルは私には抜群に効果がありました。
ローズとイランイランだったかな?
ぐっすり感が全然違いました。

喉にオイルはごめんなさい。
あまり効果を感じませんでした。

蓄膿症は、症状が進むと頭痛や頬が痛むなどの症状もでます。
私は比較的早期治療でしたが、それでも目の下の鼻の奥が重くて響くような痛みが一日中ありました。
鼻汁の炎症がのどにまわると、気管支喘息の症状になった同僚もいました。

慢性副鼻腔炎の多くは、急性副鼻腔や鼻かぜが長引いて起こることが多いです。
細菌やウィルスによって鼻の奥の粘膜に炎症が起きてしまいます。
細菌などを鼻水と一緒に外に出す力が弱まり、膿が鼻の奥に溜まってしまうんです。

溜まった鼻水、膿や細菌などが副鼻腔の粘膜を傷つけ炎症を起こし、
それが原因で合併症も起こりさらに炎症が治りにくくなる。
もう臭いオヤジの悪循環ですね。

蓄膿症になると現れる症状もあります。
蓄膿症が進むとほかの症状がいろいろ出てきます。
つまり鼻がが詰まったままでいると、黄色いどろっした鼻汁が溜まって粘膜がただれる人。
中には、匂いを全然感じなくなるひともいます。
私の場合は微熱と頭痛でした。
同僚も鼻の奥が痛いと言ってました。
それらの症状が出る前に、早めにお医者さん、できれば耳鼻科に行って下さい。

多量の鼻汁で、空気の通り道が塞がれたら、口呼吸になります。
予防にマスクをしていても口呼吸が苦しくて、思わず外してしまいがち。
ストレスにもなりかねませんが、できるだけマスク着用はしたほうがいいですよ。
口呼吸が多くなると、のどの粘膜が乾いてしまいます。
喉の炎症、つまり喉風邪につながります、
一か所調子が悪くなると連鎖的に体調が崩れます。
哀しい人間の体の性ですよ。

蓄膿症の臭いの原因て何?

蓄膿症は悪化すると、とても臭い。
本当に臭い。
哀しいくらい臭い。
恥ずかしいくらいクサイ。

膿が鼻の奥で炎症が起こってできてしまう。
その臭ーい膿の臭いが臭うわけです。
その臭いは超強烈です。

蓄膿症の臭いの原因は理解しておくほうがいいです。

普通に鼻の奥を潤す鼻水は、通常は喉の方に流れて行きます。
蓄膿症は鼻から喉の通路炎症を起こして膿になり詰まるんです。
黄色や黄緑色の鼻水が副鼻腔内に溜まってしまい、くさい臭いを発生させてしまう。
鼻の粘膜が弱い体質の人は、あるていど以上は避けて通れないことです。

黄色や黄緑色の鼻水は、細菌が粘膜に付着して炎症を起こすんです
それが溜まっている鼻の奥で、炎症がひどくなり副鼻腔炎の悪化が進行します。
この膿が蓄膿症の臭いです。

さて、蓄膿症の臭い対策や原因についてみてきました。
長くなりましたがおさらいしておきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

蓄膿症の臭い対策です。

蓄膿症がやばいかな?とおもったら、すぐに耳鼻科に行ってください。
早ければ早いほうが長期化せず、辛さも少ないです。
市販の商品を使った鼻うがいは予防には効果があると思います。
が決して万能じゃないです。
てあらい、うがい、エアコンの調整、気を付けてみてください

市販薬は手に入りやすい分、どうしても効きが優しいです。
耳鼻科ほどの治療の効果は期待しないほうがいいです。
私も色々買って試しましたが、耳鼻科の治療代と薬代のほうが安くて済みました。
極端に悪化していくと手術が必要になるケースが稀に、本当にまれにあります。
ただ、そこまで放置していると、高熱や激痛になっていると思います。

なにより一番いいのは迷うことなく早めの耳鼻科受診です。

鼻が詰まっていると気持ちもすっきりしないものです。
鼻をスッキリ通して、気分も良く暮らせるようにしていきましょう。

蓄膿症の原因は粘膜に細菌がついて炎症を起こすことです。
マメな、手洗い、うがい、マスクで自分の身を守りましょう。

自分を守るのは一番だと思います。
さあ、息苦しいですが、私も頑張ってマスクをつけよっと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*