洗濯物の臭いの対策と原因がわかります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯したあとのくつしたの臭いがなぜ残る?
臭いの原因は何とかならないのか。
まさか、こんなに簡単に臭い対策できる洗い方があるなんて。

ここ数年明らかに自分の身体が中年化している。
着実にジワジワとオヤジ化している。
頭皮の抜け毛と白髪が増え、汗のかき方と臭いが違う。
脇汗がドロドロ出てるし、足の裏が脂っぽいし。

どうにも、嫌な予感がしてたんです。
ある日、分けて洗ってや。
一方的な判決がいいわたされました。
これが始まりでした。

ではご説明しましょう。

<スポンサーリンク>

洗濯物の臭いの対策

洗濯物の効果的な臭いの取り方。
超実践編の紹介です。
ちょっと前までは、重曹を使ったら洗濯物の臭いがとれた!
重曹で台所のいろんなところが綺麗になった。
と、テレビでも、ネットでも雑誌でもなんでも「重曹ブーム」がありました。

ところが今は、重曹でも洗濯物の生臭い臭いは取れない。
実際、部屋干ししたときの自分のシャツやタオルの臭いが残ってました。
洗濯物の臭い対策は洗剤の使い方と、ちょっとしたコツがいるんです。

そのコツとは

・熱めのお湯に浸けておくこと
・洗剤は液体ではなく、粉洗剤を使うこと
・紫外線に当てること

の3つ。
詳しく見ていきましょう。

・熱めのお湯に浸けること

手洗いするとよくわかります。
水道水と洗剤でYシャツの襟や、靴下を洗ってみる。
50度くらいのお湯を使って、30分ほど浸けてからゴシゴシ手洗いする。
比べてみてください。
お湯を使ったほうが断然よく、臭いも汚れも落ちます。
ぬるま湯より50度くらいのお湯が効果があります。
浸ける時間はスタートが50度で最短で30分ですかね。

消臭させるためには30分以上は浸けておいた方がいいです。
1時間もつけると十分だと思います。

・洗剤は液体ではなく、粉洗剤を使うこと

液体洗剤を使うより、粉末洗剤がよく落ちます。
特に粉末タイプの酸素系漂白剤入りの洗剤を直接汚れや、臭う場所に付けます。
30分から1時間ほど擦ったほうがよく落ちます。

%e6%b4%97%e6%bf%af-%e7%89%a9-%e8%87%ad%e3%81%84-%e5%af%be%e7%ad%96

これは、液体洗剤を入れると確かに浸透はいいかもですが、水温が下がるからのようです。
粉末洗剤だと臭いの原因の汚れに湯温を下げずに届くことで消臭に効果があるようです。

効果があるようですと言った理由は、たまたまなんです。
たまたま私が、50度くらいで粉末の酸素系漂白剤入りの洗剤で洗った。

その時、あれ?ひょっとしていい感じで臭いが落ちたんじゃない?
でお湯の温度を温めにしたり、液体洗剤を使ってみたりして比べてみたんです。
ふーん。
なるほど。
どうも、水温50度くらいで粉末洗剤がイイみたいだな。

というわけです。

・紫外線に当てること

青天の日本晴れのときは、絶対に外干しです。
ただ、外干しするとアレルギー症状が出るかたもいるでしょう。

曇りや、ちょっとじめじめした日、ましてや雨の日。
そんな時にはさすがに外干しだと、生乾きで臭いの原因の雑菌が干してる間に増殖してしまいます。

私は仕事用の作業着が見事に臭いました。

窓を閉めて、カーテンを開けて部屋干しするんです。
少しでも紫外線に当てることで雑菌が原因の消臭効果があります。
ただ、家の中が見えるから抵抗がある人も多いでしょ。
レースのカーテンを閉めておくと、外から見えにくいですよ。

ネットで検索してみても、まだまだ重曹洗いの情報が多いですね。

重曹効果がないわけじゃないです。
重曹には消臭効果や殺菌効果がありますので、生乾きにも効果的です。
コツがあるんですよ。
そのコツとは。

すすぎのタイミングで重曹を加える事です。

この重要なポイントが抜けるとダメ。
いくら重曹で洗っても臭いの原因はとれません。

ちなみに、お湯と粉末洗剤の浸け置き手洗いの仕方。
雑誌やテレビでは見ないです。
ベタな熱めのお湯と粉末洗剤じゃインパクトないからでしょうか。

%e6%b4%97%e6%bf%af%e7%89%a9-%e8%87%ad%e3%81%84-%e9%87%8d%e6%9b%b9

この発見のきっかけも、たまたまです。
少し前、ついに「くつしたと、肌着を別に洗ってくれへん。」と家族からの勧告通知がきました。
40歳を過ぎたころから、なんとなく感じてはいたことなんですが、いざ言われたらへこみますね。
あー、この日がついにきたか。

心つもりはあったので、手洗いのコツの下調べはしてました。
40歳のオヤジになると、へんに下調べが上手くなるもんですよ。
ちょっと自画自賛です。

洗濯物の臭いの原因ってこんなにもに厄介なんだ。
自分を責められて改めて気づきました。
前述した臭いの対策に至るまで、臭いの原因も考えてたんです。
20年前に一人暮らしをしていた時には考えもしなかったです。

ということで、次に洗濯物の臭いの原因について中年オヤジなりの分析です。

<スポンサーリンク>

洗濯物の臭いの原因

意外に基本的なことが原因になってます。

・すぐに干しているか
・洗濯物をため込んでないか
・洗濯機はきれいか

「くそ忙しいのにそんなにシャカシャカ動けるもんか。」

と世の奥様方にお叱りを受けそうですね。
ひとつずつ見ていきましょうか。

・すぐに干しているか

洗濯が終わった後のこと。
終わった洗濯物をしばらく置いたままにしてませんか。
洗濯が終わった衣類は当然濡れたままです。
濡れたままの洗濯物は雑菌の繁殖する絶好の場所。
たとえば、暑い夏の梅雨時期なんかは、素晴らしい好条件なわけです。
それを、数回しちゃうと、涼しくなった秋ごろに「おやっ?」と異臭が。
終わった洗濯物はすぐに干すがよしです。

・洗濯物をため込んでないか

臭いの原因の雑菌は湿った好条件の元でどんどん繁殖していきます。
汗でぬれた肌着。
蒸れたくつした。
使ったハンカチやタオル。
これらの洗う前のものでも臭いの原因の雑菌が増殖します。

洗濯物をすぐに洗わずにため込んでいると洗う前に臭くなります。
洗っても取れなくなる場合があります。

怖いでしょ。

浸け置きして手洗いまでした自分の愛おしい靴下。
それが洗濯機に入れてしまうことで臭いのもとに再投下かと思うと哀しいです。
もちろん浸け置き手洗いした洗濯物は、洗濯機に入れずにすぐに干しちゃいましょう。

・洗濯機はきれいか

洗濯層の内部にカビが生えます。
洗濯中の衣類にカビが付着して臭いの原因になることがあります。
層洗浄機能って知ってました?
今、ほとんどの洗濯機についてる機能です。

%e6%b4%97%e6%bf%af%e7%89%a9-%e8%87%ad%e3%81%84-%e5%8e%9f%e5%9b%a0

使い方は超簡単。
洗濯層専用クリーナか、なければハイターを入れます。
空のまま層洗浄ボタンを一発ポンと押すだけ。

もし数年使ってる洗濯機で層洗浄を使うのが初めてなご家庭もあるかも。
それなら2~3回することをお勧めします。

お恥ずかしい。
私、全く知らなかったんです。

「洗濯機ってすげー。」

小声で叫んじゃいました。

洗濯物の臭いの原因を説明させていただきました。
若干40歳過ぎにしてこの感動。
石器時代のガチガチ頭に新しい気づきが入り、幸せ気分になれました。

洗濯物の臭いの対策と一緒におさらいしましょうか。

<スポンサーリンク>

まとめ

洗濯物の臭い対策を実例を出して紹介しました。
お湯、粉末洗剤、紫外線の3つのコツです。
お次が、洗濯物の臭いの原因について。
すぐ干す、洗濯物をため込まない、層洗浄の3つでしたね。

おいおい、40過ぎのオヤジがそこまでしないだろ。
って思うでしょ。
でも、くつしたをお風呂で手洗いして、すっきり乾いたのを履けたとしたら。
きっとあなたも洗濯に目覚めます。

男の身だしなみは地道な努力の賜物。
と自分に言い聞かせながら今日もお風呂でゴシゴシです。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*