鼻の臭いは病気でつまむと脂がでる?原因と対処法を探ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40歳を過ぎると、オヤジ臭いところが目立つ。
頭皮、口臭、そして、今回のお題の鼻の穴。
もともと脂性なのは自覚してました。
特に小鼻の横や鼻の穴の臭い。
夏よりも冬のほうが臭いが確実に際立ってきてます。
あなたも薄々感じてませんか。
アレルギー性鼻炎がある私。
このオヤジ世代になるといいことのひとつ。
そう、長年通ってる耳鼻科のお医者さんがいるんです。
お医者さんと薬局の薬剤師さんからの臭いについて教えてもらってました。
せっかくの機会なのでご紹介しますね。

<スポンサーリンク>

鼻の穴が臭いのは脂が原因?

鼻の穴が臭いのは、オッサンだから。
おしい!
ちょっと違います。

・小鼻の角栓
・鼻の穴の中の皮脂
・小鼻の角栓
・副鼻腔炎等の病気
・臭鼻症
・臭い玉(膿栓)

臭いの原因で多いのはこの4つ。
中には40歳過ぎた中年ならではの原因はあります。
まー仕方ないです。
し、安心してください。
対策もしっかり解説します。
では、上から順番に見ていきましょう。

・鼻の穴の中の皮脂

先ほどは小鼻の表面の皮脂でした。
皮脂は鼻の穴の中にもあります。
いわゆる鼻毛の根本にある毛穴の皮脂です。
中年オヤジになると、鼻毛が伸びてモゾモゾしますよね。
きちんと、毛穴処理用のハサミなどで手入れしている分にはまだOK。
でも、鼻毛が抜けた時のあの快感。

わかるんですけど、鼻毛を抜けば抜くほど雑菌が入る場所が増えます。
鼻毛って鼻に入る雑菌や埃を防ぐ役割があります。
なので、モゾモゾしたときは、抜かずにカットです。
経験上、ハサミが一番確実ですし、急場を凌げます。
ただし、ハサミを入れるのが怖い。
昔、ハサミで傷つけたことがあるからヤダ。
そんなあなた。
電動の鼻毛カッターがあります。
よく切れますよ。

分かり易い動画がありました。

鼻毛カッターの注意点が一つ。
押し込み過ぎに注意してください。
粘膜を痛めて、かえって雑菌が増殖してしまいます。
しばらくして、ん?切ってるのに臭うぞ?
なんてことにならないように押しすぎ注意です。

・小鼻の角栓

鼻の毛穴に汚れが沈着した皮脂が溜まるんです。

うっそだー。

と言いつつも、うすうす感づいているあなた。
小鼻のふちを軽く爪でなぞってください。
で、その臭いを嗅いでみてください。

ね、臭いでしょ。

毛穴からでる皮脂が多いと臭います。
臭い皮脂が多くなる原因は主に生活習慣の偏りと、過剰な疲れやストレスです。
皮脂に繁殖した雑菌が付いたままだと、いわゆる脂臭い状態になります。

・副鼻腔炎等の病気

鼻の臭いでよく聞く病気が二つ。
副鼻腔炎蓄膿症です。
鼻の病気と言ってもピンとこないかもしれませんね。

鼻の奥の奥にそれなりに大きな空洞があります。
そこに、鼻汁が膿状態に溜まって悪化し、異様な臭いが発生します。
副鼻腔炎が3か月以上続く人って結構います。
慢性化した状態が蓄膿症と呼ばれる鼻の病気です。

わたし、鼻炎アレルギーで鼻水じゅるじゅる。
花粉、ハウスダスト、砂埃、冷気、稲、ブタクサ、まだまだあるある。
あるひ、そこから軽い副鼻腔炎と言われるまで2週間くらい。
で完治に、なんと3か月かかりました。

ほぼ毎日耳鼻科に行って、洗浄と吸引してもらってですよ。
鼻水以外の自覚症状なかったので、正直、「マジか(驚)」でした。

%e9%bc%bb-%e8%87%ad%e3%81%84-%e3%81%a4%e3%81%be%e3%82%80

細菌やウィルスが入り込んで炎症を起こしても膿になります。
膿が溜まってるわけです。
個人差はありますが、基本は臭い状態だと思ってください。
自分は鼻が臭いに慣れて麻痺しちゃってます。
おそらく周囲のひとからは臭いと思われてます。
食べ物の腐ったような臭いを周囲に放ってると思ってください。
怖いでしょ。

・臭鼻症

これは私が毎年、まいとしなります。
冬の寒くて乾燥した季節に毎日苦しめられる病気です。
鼻の中の粘膜が乾燥して鼻水も粘膜もかさぶたのように固まるんです。
そこからくる異臭の臭い。
鼻炎のお仲間です。
萎縮性鼻炎という病名でもあります。
私はアレルギー性鼻炎があるので鼻炎と同じ治療方法で耳鼻科に行きます。
ネットではあまり症状が出る人は居ない。
そんな情報を目にします。
年中鼻炎の私。
幸い、水鼻がでる症状の時期が長いからかな。
悪臭と言われなくてすんでます。
私はまさに滝のような、すすれない状態の鼻水がでます。
自分でも臭いの感じは今のところないです。
でも、この記事を読んでくれてるあなたは辛いかもしれませんね。
是非、早急に耳鼻科で治療してください。
早いに越したことはないですよ。

・臭い玉(膿栓)

臭い玉は俗称みたいなもの。
正式名称が膿栓です。
誰しも口の奥の扁桃腺という所ににくぼみがあります。
ここにお米の粒くらいの白い玉が付着します。
ある種、自然発生するものです。
細菌が口に入ってきて、病気にならないように免疫物で固めるんです。
これが膿栓。
人間の力って凄いですよね。
この臭い玉は独特の悪臭がします。
臭っ!
なんじゃ、この臭いは。
といじってると臭い玉が潰れることがあります。
潰れた時の臭さとは。
悪臭を超えた異次元の臭さです。
恐らく、膿栓の潰れた臭いを嗅いだら、「絶対にマメにうがいしよ。」
あなたは、心に誓うとおもいますよ。

鼻の臭いの原因をいくつか見てきました。
それでは対処方法は?
病院いってもおじさん、おばさんばっかりだし嫌だなあ。
大丈夫です。

あなたもしっかりおじさんなんですから。

そう、40歳を過ぎたオヤジなんです。
ここからが、大切です。
本当に大事なこと。

それはしっかり対処しておくこと。

エチケットマナーのあるオヤジはオヤジではありません。
素敵なオジサンと呼ばれます。

どうせなら素敵な人だな。
そう思われるようなってみたいと思いませんか?
難しいことは何もないです。
では次に対処方法の解説です。

<スポンサーリンク>

鼻の臭いでつまむと脂くさい対処方法とは?

多くされてる臭いの対処方法として今回は4つ。

・生活習慣の見直し
・クレンジング
・鼻うがい
・病院へ行く

あなたもきっと、聞くと「なるほど当たり前だな。」
私と同じ反応をすると思います。
説明していきますね。

・生活習慣の見直し
鼻の臭いが病気ではなく、皮脂の汚れが原因だったら。
食生活の見直しや、生活習慣を少しだけ変えてみることで変わってきます。

肉類で脂っこい料理を食べることが多い。
野菜を食べることが少ない。
ファーストフードや、インスタント食品をよく食べる。
朝食をしっかり食べてない、または全く食べない。
運動不足。
疲れが溜まっているし、取れてない。
ちゃんとした睡眠がとれてない。

ひょっとしたら、全部あてはまってるんじゃないでしょうか。

食事の見直しと、ちょっとしたストレッチや散歩をすること。

まずは一回やってみて下さい。
毎日じゃなくていいです。
で思い出したころに2回目してみてください。
まずは、そうですね。
月に4回を目標にしてみてください。

経験上断言できます。
これだけでかなり違いますよ。
要するに、いかに長期目線で無理なく習慣化させていくかです。

本当に変わってきますから。

・クレンジング

これまた、面倒くさそう。
そう思われるかもしれません。
鼻の回りのクレンジング。
やると簡単なもんです。
もちろん他に気になるところはクレンジングOKです。
オヤジでも美肌ケアはするに越したことはないですもん。
鼻について。
毛穴から溜まった皮脂に雑菌がついた臭い。
これにはクレンジングが絶大なる効果があります。
ここでワンポイントです。
洗顔前にお湯に付けたハンカチタオルを軽く絞って顔に乗せてください。
2~3分置いてみてください。
これ、毛穴の奥の皮脂や汚れを浮かせる効果が一つ。

あともう一つ、二次的な効果があります。
個人的にはこっちが大好きです。
それは温かい蒸しタオルを顔に乗せる気持ちよさ。
何とも気持ちいいんです。
飲食店で無意識にお手拭きで顔拭きません?
めちゃド定番のオヤジ臭い動作ですよね。
あれ、やっぱり気持ちいいからやっちゃうんです。

同じことを家でもやっちゃいましょう。
気持ちはいいわ、綺麗になるわでいいことずくめでしょ。
簡単だし、是非今日からやってみてください。

%e9%bc%bb-%e8%87%ad%e3%81%84-%e7%97%85%e6%b0%97

・鼻うがい

鼻うがい。
始めは怖いですよね。
2回目もまだ、チト嫌な感触があります。
3回目くらいになると慣れてきます。
ただし、「鼻うがいができるから病院は不要じゃ。」

と思うかなかれ。
ある程度定期的に耳鼻科を受診したほうがよいです。

ガラガラの口うがいで取れるのは臭い玉の膿栓です。
人によっては、コツを掴んだら鏡と綿棒で取れる人もいます。
口うがいで取れなかったり、綿棒で嗚咽したりするかもしれません。

私は口うがいでなんとか取れます。
綿棒がダメなので、たまに耳鼻科で取ってもらいます。
「膿栓ができたかもしれないので診てもらいたいんですけど。」でOKです。
耳鼻科に行くと、ビックリするくらい簡単に取ってくれますよ。

・病院へ行く

前述した副鼻腔炎蓄膿症になると治療が必要です。
耳鼻科に行って洗浄と吸引とネブライザーという治療器を使います。
洗浄と吸引は少し慣れがありますが、そこはプロのお医者さん。
無茶苦茶苦しいことはしないです。

治療器も赤ちゃんでもできる優しい治療です。
薬剤の入った蒸気を軽く鼻やのどにあてるというモノです。

あと、補足としてちょっとだけ書いておきますね。
鼻が臭ってる原因が実は口臭だった。
なんてなこともあります。
いずれにしても、ちょっとおかしいな。
そう感じたら耳鼻咽喉科には行ったほうが良いです。

それでは最後におさらいしておきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

鼻の臭いは皮脂が主な原因です。
40歳を過ぎると名実ともにオッサンです。
ただ、オヤジだから臭いとも限らないです。
小鼻の皮脂、副鼻腔炎等の病気、膿栓。
予防できるし、勿論、治療もできます。

鼻の臭いの対処方法をお伝えしました。
簡単な生活習慣の見直しやクレンジング。
試してみて欲しい鼻うがい。
おかしいと感じたら病院へ行きましょう。

ちょっとしたことから始めてみるだけです。
キモくて臭いオヤジから、ちょっと素敵なオジサンになれますよ。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*