靴の臭いの取り方と消し方の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代の時はまだいいんです。
仕事頑張ってる証拠だ!
なんて褒められますから。
40歳をを過ぎると、ただの臭いオヤジに急降下です。
そう、ただの臭いオヤジなんですよ。
靴を脱いだらちょー臭い!

脱がなくても臭いんですけどね。
私の場合、靴の臭いがオヤジ化してるなんて絶望です。
もはや人扱いされなくなってます。

そうなる前に、靴の臭い対策をしちゃいましょう。
誰でもできる、すぐできる靴の臭いの取り方と予防策です。

<スポンサーリンク>

靴の臭いの消し方と取り方はたった3つ

一般的な会社員の方なら毎日履いている靴。
我々40歳中年サラリーマンならば革靴、シューズがド定番でしょう。

・足の臭い
・防湿防臭アイテム
・制汗剤

詳しく見ていきましょうか。

・足の臭い
靴の臭いの原因は雑菌の繁殖です。
石鹸でしっかり洗ってください。
足の指の間、かかと、くるぶし、肌と爪の間までよく洗いましょう。

そんなことは知っとるわい!
ごめんなさい。
でも、ここから書き始めないと始まらないのもので。
足の汗の湿気と体温の温かさで雑菌の増殖と臭いのスイッチが入ります。
大半の人、というより、生活している人ほぼ全員にあてはまるでしょ。

朝の通勤時には臭いのスイッチがすでに入ってるってこと。
これは仕方がないです。
まる一日雑菌増殖している靴を履いているわけです。
そりゃ靴も足も靴下も臭いますよ。

汗をかけば垢がでる。
この垢も雑菌の大好物です。
石鹸でしっかり洗うのはもちろんなんですが、個人的な意見を書きます。
それは汗の消臭効果の高い消臭石鹸を使うことです。

40歳を過ぎたら汗の臭いも変わってきます。
ドラッグストアにあるメンズコーナーとはちょっと違う場所。
いかにもオジサマ用コーナーがあります。
値段としては若い男の子よりも、ちょっとお高い価格帯のコーナーがあるはずです。

勇気を振り絞ってそこらあたりの商品を見るだけ見てください。
中年になったら、若い時よりどうしても体質が変わります。
個人的に消臭石鹸は効果ありですよ。

・防湿防臭アイテム

私が使っているのがいわゆる靴の中敷きです。
この消臭効果を侮るなかれ。
消臭というより、防湿、防臭に効果がありという感じです。

普通に靴屋さんに売っているものを使ってます。
何種類かあるとおもいますし、値段も手頃な安価な商品から、ちょっと高いモノまであると思います。
履き心地にもよりますが、あまり薄くて安いものは効果を感じませんでした。

ちょっとゴツメでもしっかりした商品(1700円くらい)が防湿、防臭効果を実感しましたね。
ネットでは靴屋さん以上に商品が揃ってます。
これを機会にネット通販デビューされてもいいんじゃないでしょうか。

レビューを参考にされるといいんじゃないかと思います。
レビューも商品もめちゃ多くて悩むでしょうね。
そういう場合はこれなら払ってもいいかな。
そんな感じで値段で決めちゃいましょう。

・制汗剤

一番効果的で使いやすさを感じたのはクリーム状の商品です。
使い方は朝起きてすぐに指の間に直接塗ります。
これだけ。

制汗剤ってスプレー式やパウダー式を思い浮かべるオジサマも多いかと思います。
もちろん、どの商品にも絶対はないと思います。

私もスプレー式やパウダー式がダメとは言い切りません。
この記事を読んでくださっているあなたは、使っていらっしゃるかもしれません。

私もスプレー式も使ってます。

ただ、靴の臭い対策について、個人差が少ないのはクリーム状のモノかな。
と使ってみて感じてます。

しかも、靴の臭いを消しても、足の汗や臭いが原因のひとつになちゃってるんですから。
アラフォーの加齢臭のきついオヤジになれば尚更でしょ。

ちなみに、クリーム状の制汗剤は、朝1回塗るだけでOKです。
昼からもう一回とかは不要です。

一つだけ注意点があります。
朝塗った制汗剤は、お風呂の時にしっかり洗い落としてくださいね。
しっかり洗って、お風呂から出たらしっかり乾かしてください。

4つ目はとても重宝する消臭対アイテムです。

<スポンサーリンク>

靴の臭いを重曹でとる方法とは?

使うものは重曹と使わなくなった靴下。

これだけ。

靴下を例にあげましたが、通気性のよさそうな布系の袋なら何でもいいです。

・重曹を約100g
・それを靴下にそのまま入れる

(もちろん結んでくださいね。)
・靴の中に入れる

できれば中央付近がベストポジションです。

これだけ。

経験上早ければ一晩、遅くても2日あれば臭いが取れているはずです。

この記事をご覧のあなた。
私と同じ40歳オーバーのオヤジ(失礼)かもしれませんね。
そんなあなたでも、ネットで、絨毯・水回りの臭い取りなどに重曹が効く。

こういう記事をよく見るんじゃないでしょうか。
もちろん、靴の臭いにも重曹が威力を発揮します。
私が感じる重曹の凄い所があるんですよね。
それは、身体に害が殆どないところ。

いらっしゃらないとは思いますけど念のため。
きれいになる!
臭いがとれる!

からといって、飲んじゃだめですよ。
使う前後には綺麗に手を洗って、念のため手袋はしてください。

肌の弱い方で、まれに重曹が触れたところが赤くなることがあるみたいです。
殆どの方は、手袋までしなくて大丈夫だとは思いますけどね。

もう一ポイント。
それは、靴を毎日替えてみることです。
3足くらい準備しておくんです。
1週刊でローテーションしてください
ご家庭で、突然の飲み会で。
ご家族や、同僚、後輩に嫌な顔をされずにすみますよ。

これを知っておいたら、靴の臭いの蒸れはもう怖くないです
こんなに臭いがきえるなんてびっくりの裏技だったでしょ。
案外簡単に消えるものばかりなんですよ。

革靴のクリーニング方法の動画を見つけました。

革靴のお手入れがここまでできると凄いですね。
紹介しておいていうのも失礼はお話で申し訳ないです。
でも、ずぼらな私には到底真似できません。

会社の歓迎会、ビアガーデン、飲み会で
お座敷に上がることってふえてきましたよね。
靴の臭いがやばいでしょ。
今回ご紹介した臭い対策は私が実際に効果絶大だった方法ばかりです。

ちなみに足の臭いの主な原因は、汗や角質などが分解されて
イソ吉草酸という物質ができるんです。
納豆の臭いと同じ成分とされている臭い物質。

だから足の裏の臭いって納豆のような臭いがするわけです。

つまりこのイソ吉草酸をどうかすれば足の臭いも消せるんじゃないかってな話です。

もちろん靴だけじゃなく、足の臭いもとれるよう日頃から気を付けましょう。
ひとまず石鹸でよく洗っても落ちないあなた。
ちゃんと臭いを消す方法があります。
お風呂で泡いっぱいに足の指を丁寧に洗った後
さあ臭い消えたぞ。
意気揚々とパジャマに着替えたら
足がなんだか臭うじゃないか。
さっき洗ったばっかりだぞ。
誰に怒りをぶつけられるわけでもないしがないオヤジ。

徹底的に足の臭いも取っちゃいましょう。

説明しますね。
洗面器にお湯と重曹(大さじ2~3)を入れて足湯するんです。
たったこれだけであしの臭いが消えちゃいます。
1回じゃ無理かもしれません。
でも絶対に諦めないでください。

少々で諦めないのが中年オヤジの凄い所でしょ。
数日続けたらほとんどの臭いが消えるハズ。
まずは一週間お試しください。
足の臭いが消えたら次に予防策をとりましょう。
せっかくとれた足の臭いでも靴を履いたらまた臭う。

一番シンプルな方法は5本指ソックスを履くこと。
普通の靴下は隣り合う部分が汗をかいて臭いが発生するんです。。
5本指だと一本一本を覆ってくれるから臭いを吸収してくれます。

これ、かなり違いますよ。

もう一回簡単におさらいしておきましょうか。

<スポンサーリンク>

まとめ

靴の臭いの消し方について
40歳のオヤジたる私の靴の臭いの消し方と取り方をご紹介しました。

・足の臭いを消す消臭石鹸
・防湿防臭アイテムとして靴の中敷き
・制汗剤クリーム

そして、消臭の万能アイテムの「重曹靴の中バージョン」の使い方でした。
あと、おまけとしてご紹介したのが「重曹足湯」です。
足湯は休日にでも一回試してみてください。

靴の臭いや足の蒸れた臭い。
周囲の人に不快な思いをさせるでしょ。
今回は私の経験談を元に説明させてもらいました。
さあ、大人のオヤジのエチケットで素敵なオジサマになりましょう。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*