手に水虫はうつるのか?その症状と治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手の水虫の症状なんてあるんだ?
そうでございます。
今日も水虫治療中の私。
現在進行形で足の水虫と日々格闘中のオヤジでございます。

この記事をご覧の世のオヤジ様。
白癬菌が常在菌だなんて、とっくに皮膚科医のお医者さんから聞いてるでしょう。
ただ、ほとんどの水虫はに発症します。
でもね、手にも水虫の症状って出るんですよ。
手に水虫はうつるんです。

症状と特徴と正しい治し方のコツとポイント。
この記事を読めば大丈夫ですよ。

<スポンサーリンク>

手の水虫の症状の特徴とは?

手の水虫の症状とは。

・片手だけ、指だけに出る
・どこか一か所だけ出る
・狭い箇所で皮がむけている
・普段の手荒れ、保湿クリームを塗ってもよくならない

これらが分かり易い特徴でしょうね。
手荒れの症状と間違われやすいんです。

「あれ?いつもの手荒れと違う皮の剥け方してるな。」
「ありゃ?こんなところに水泡みたいのあったっけ。」

見た目じゃ判断は難しいです。
手の水虫はどこか一か所、ポつっとできる。
手湿疹や手荒れは両手にほぼ同時期に症状が出ます。

こういう場合は手に水虫症状が出たと思ってください。
普段使ってる手荒れ用のハンドクリームをお持ちのオヤジ様。
クリームを塗り続けてもいつものように治らない。
こう思ったら皮膚科へGoです。

放置は絶対に厳禁ですよ。
足の水虫と同じです。
確実に進行しますからね。

・「趾間型水虫」(しかんがたみずむし)
・「小水疱型水虫」(しょうすいほうがたみずむし)
・「角質化型水虫」(かくしつかがたみずむし)

上から初期で、下に行くにしたがって悪化していきます。

・「趾間型水虫」(しかんがたみずむし)

手の表面の皮が剥けたりふやけたりしてはがれてきます。
足に比べるとごく狭い範囲だったりします。
見落としがちです。

・「小水疱型水虫」(しょうすいほうがたみずむし)

かゆみが出てきます。
無意識に手の一部をポリポリ掻いてたら要注意です。
指だけじゃないです。
手の平ならどこにでも出ますよ。

・「角質化型水虫」(かくしつかがたみずむし)

手の水虫を放置してて悪化した状態です。
手の皮膚が変質して、硬くなり厚くゴツゴツしてきます。
分厚くなったゴツゴツが割れてくることもあります。

<スポンサーリンク>

手の水虫の治し方とは?

日々足の水虫と格闘中の世のオヤジ様方。
あなたなら水虫の治療はすでにご存知かと思います。
足の水虫と同様です。
手の水虫も治るのに時間がかかります。

お医者さんから手の水虫の宣告を受けた。
そうなったら、潔く諦めて薬を塗りましょう。
足の水虫と全く同じだと思ってください。

症状が治まった。
治ったぞ。
気持ちはわかりますが、塗り薬をやめないでください。
治ったと自己判断は禁物です。

しばらくは塗り薬での治療は続けてください。
皮膚科医のお医者さんからOKが出るまでは塗り続けましょう。
ただ、お医者さんによっては「毎日塗らなくてもいいですよ。2~3日開けてでもいいと思います。」
こういうアドバイスをしてくれるお医者さんもいらっしゃるようです。

%e6%89%8b-%e6%b0%b4%e8%99%ab-%e7%97%87%e7%8a%b6

多めに塗り薬を出してくれて、薬がなくなったころ。
たとえば数か月先にくるか、悪化したようならまた来てください。
そういうフランクなお医者さんもいらっしゃいます。
そういうお医者さんは、あなたの肌質も見てくれているんです。
その通りにしたらいいと思います。

市販薬もあるじゃない。それじゃダメなのか?
と考えられるかたもいるでしょう。
ここ、微妙なんですが、個人的には自己判断は禁物だと思います。
例えばお医者さんが「市販のモノでもちゃんと塗れるならそれでいいと思うよ。」
なんて言ってくれるならOKかと。

前述したように、数か月分を多めに出してくれるお医者さんならそっちが良いです。
というのも、市販薬って結構なお値段します。
1400円~1500円とかザラにあります。
皮膚科医で再受診して処方薬もらっても同じくらいの金額です。
それならお医者さんが熟知している塗り薬であなたの症状に合っている薬が出る。
そのほうがいいとおもいませんか?

手の水虫の治療のポイントとは?

手の水虫の治療のコツ。
手に水虫がうつるのはわけがあります。
足の水虫治療って手を使ってしっかり洗う。
指の間、足の裏全体、くるぶしから下は石鹸でしっかり洗ったほうがいいんです。
この後、同じように手をしっかり石鹸で洗ってください。
ここが第一の壁です。

ちょうどこんな動画を見つけました。

石鹸を使って手をしっかり洗うこと。
お風呂から出たらしっかり乾燥させること。
殆どのオヤジ様が、入浴後に足の水虫の薬を付けると思います。
これはこれで大正解です。
しっかり塗ってあげてください。

その塗り終わった手をもう一回しっかり石鹸で洗ってください。
「洗いすぎで手がガサガサになるのが嫌なんじゃ。」

そういう方は使い捨てのビニール手袋使うのもアリです。
安いものだと100枚入りで700円位で売ってます。

お医者さんから聞いてるとは思いますが、ベタベタに塗る必要はありません。
特に手は足より皮膚が弱いです。
薄く広く塗ったほうがよいようです。
少量でいいんで薄く、広く塗る。
これ基本みたいですね。

あとは、個人的に薬を塗ったあとのポイントです。
薬を塗った後、更に乾燥させるくらいの感じがいいかなって思ってます。
もちろん手も足も両方ともです。
じゃあ、乾燥予防の保湿クリームはいつ塗るんだ?
そういう声が聞こえそうですね。

私の皮膚科医の先生のアドバイスえおご紹介します。
ずばり、水虫の薬のあとに保湿クリームで保護するとよい。
つまり最後に仕上げで保護するということですね。
ここまでできてたら、寝付けないときの靴下履き。
そういうのはしても構わない。
とまで教えてくれました。

そうです。
勘のいいあなたならお解りかと思います。
私、中年になってから、末端冷え性になりました。
秋、冬、春まで足先が冷えて寝れないんです。
五本指靴下履いてなんとか眠れてます。

手水虫にならないように予防するコツがあります。
足を洗った後にしっかり手を洗うこと。
ここは初歩的なところですね。

%e6%89%8b%e3%80%80%e6%b0%b4%e8%99%ab%e3%80%80%e6%b2%bb%e3%81%97%e6%96%b9

実は、住居、書斎、住環境が大切。
手水虫になりにくくするポイントがあるんです。
湿気の多い埃っぽいところでは水虫になりやすいです。
汚れが肌について、細菌が繁殖しやすくなります。
つまり、部屋を綺麗にして、まめに換気すること。
こういう所が案外大切だったりします。

最後におさらいしておきましょうか。

<スポンサーリンク>

まとめ

手の水虫の症状の特徴をあげました。

・片手だけ、指だけに出る
・狭い箇所で皮がむけている
・保湿クリームでもよくならない

などです。
例をあげましたが、これでも案外気が付かないもの。
見た目じゃ判断は難しいです。
おかしいな?
と感じたら皮膚科へGoです。

小さい範囲で皮が剥けたりはがれてきます。
これが、手の水虫の初期症状です。
次に痒みが出てきます。
悪化すると手の皮膚が変質して、硬くなります。

お医者さんから手の水虫の宣告を受けた。
そうなったら、薬を塗りましょう。
足の水虫と全く同じだと思ってください。

手の水虫を治す、予防するコツを書きました。
足の薬を塗った後の手を石鹸でしっかり洗ってください。
そしてしっかり乾燥です。

さらにワンポイント。
できるだけ部屋を換気して綺麗にしておきましょう。
隅からすみまで掃除が難しこともあるでしょ?
そしたら、窓を開けて空気を通すだけでも違います。

水虫を風で吹き飛ばしちゃいましょう。
オヤジ同志、一緒に治しましょう。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*