水虫の治療に酢を使った徹底予防法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が小さい時のおばあちゃんの水虫治療方法。
ストーブに足をかざしてました。(マジです)

大人って不思議なことやらないいけないんだな。
素直に思っていた幼少期。
あれから30年以上。
中年の天敵。
無敗の王者たる水虫。

汚い、臭い、気持ち悪い。

中年オヤジの主力3Kです。
この厄介な水虫を撃退した私の方法をご説明します。

<スポンサーリンク>

水虫の治療に酢を使うのか?

準備するものは以下です。

・40℃くらいのお湯を入れた洗面器
・お湯の1/10くらいの酢(食酢でいいです)
・タオル

やり方は希釈したお酢を使った足湯です。
約10倍に薄めたお酢の湯に10分間両足を浸ける。
10分経ったら、お湯は捨ててください。
一回タオルで拭いてください。
そのまま普段通りにお風呂に入ってください。

足湯で浸した酢を十分流してくださいね。
どうしても酢の臭いが残ります。
ごめんなさい。
40歳過ぎのお父さんはご家族から「お風呂最後にして!」
と煙たがれるかもしれません。

最初は、「ん。なにそれ。面白そう。」
なんて反応なんですけどね。
2日目にはまたやるの(怒)
に豹変です。

でも自信を持って挑んでください。
私は確実に水虫の嫌な臭いが消えましたから。

以上がお酢を使った治療、予防方法です。
医学的に証明されてはいませんし論文もないようです。
だまされたと思って、私が実践したんです。
その効果にビックリしました。

40過ぎのハゲオヤジな私。
今更水虫の治療に夢中にならなくたっていいんです。
などと、おっしゃりたいことはわかります。
でも、何が凄いって、10日ほどで水虫のあの嫌な臭いもなくなったこと。

効果を体感した喜びは凄まじかったです。
最初の数日は半信半疑でした。
4日目くらいかな。
足の裏の皮がポロポロ落ちていくんです。
垢とは明らかに違う現象でした。
10日過ぎたあたりから水虫特有の臭いもなくなった。
40数年生きてて、快感と感動に打ちひしがれたのは何回だろう。

それくらいの喜びがありましたね。
やってみる価値は十分にありです。

デメリットが一つ。
ご家族をお持ちのお父様。

確実に白い目で見られます。
「外でやってちょうだい。」
私は言われました。
夏場だったので余計です。

でも、ありがとう。
と心から「お酢」にお礼を言いたいです。

時間は1日30分。
家族以外、誰にも知られずに水虫を撃退できるんです。
是非おためしください。

ただ、肌が敏感な方で嫌な刺激を感じたら止めてください。
私は感じなかったんですが、感じる人には刺激があるみたいです。
あとはお風呂に入った時にしっかり洗うだけです。

その洗い方や、薬の塗り方のポイントは次でご紹介しますね。

<スポンサーリンク>

水虫の治療の基本とは

水虫治療の基本とは。

・足は丁寧に洗う
・しっかり乾燥させる
・薬を塗る
・通気性のよい靴下を使う
・靴を毎日替える

説明しますね。

・足は丁寧に洗う

指の間と爪の先、土踏まずから、かかとまで丁寧に洗ってください。
くるぶしから下は徹底的に洗うつもりで挑んでください。

・しっかり乾燥させる

お風呂上りは、しっかり乾燥させてください。
早ければ早いほうがいいです。
早く、しっかりと洗う。
これです。

・薬を塗る

水虫の部位だけじゃなく、足の裏全体に塗ったほうがいいそうです。
薄く広く、きっちり塗る。
当たり前ですけど、私たちオヤジにはめんどくさいですよね。
でもやりましょう。
無駄にはなりません。

・通気性のよい靴下を使う

湿気でじとじとしてる化繊の靴下なら変えたほうがいいですよ。
よかったと思った靴下は、綿の5本指です。
正直、最初は違和感があるかもです。
でも、私が水虫になりやすい春先と冬。
5本指の綿ソックスにした年から変わりました。
明らかに変わりましたね。

・靴を毎日替える

これ、意外かもしれませんけど、やったほうがいいです。
履かない日の靴は日干しするんです。
ぐるぐる回して除菌、乾燥、消臭させるんです。
靴に気を配ると水虫がなくなる。
不思議かもしれませんが、本当です。

とまあ、ここまで基本中の基本を説明しました。

入浴後にしっかり薬を塗る。
これでOKだと思われがちな水虫治療。
とにかく、丁寧に根気よくが基本です。

ちょっと興味を引く動画があったのでご紹介します。

そしてケアの注意点のコツ。
だてに40年以上生きてないですからね。

汗をかきっぱなしにしない。

くつした、仕事靴、スリッパなど履物に気を配る。
超基本ですが大きく変わる治療のコツです。

水虫の大好物は下の3つ。
湿気、温度、垢などの汚れです。

これを避けてできるだけ綺麗な状態を維持すること。
これだけで相当違ってきます。
もちろんも綺麗にしておくというのもベストです。
フローリングはできるだけ拭いてくださいね。
殺菌、除菌効果のあるフローリング洗剤を使ってください。
オススメは掃除機後にクイックルワイパーです。

本当はクイックルワイパーだけでいい。
そういってあげたい。
でも、ごめんなさい。
いきなりクイックルワイパーだけだと、埃を広げてしまうんです。
夏の汗や水分を含んだ埃は水虫の大好物。
抜け毛やホコリはしっかり掃除機で吸い取ってください。

絨毯や敷物にはもちろん掃除機です。
日干し乾燥で、風に当てて雑菌を死滅させましょう。
掃除機をかける時には重曹を使ってください。

さらさらと重曹を振りかけて、ビニール手袋でゴシゴシ擦る。
敷物全体をゴシゴシです。
こうすることで敷物の奥に残ってる、ホコリやダニの死骸を浮かせます。
1時間放置した後に、掃除機で隅から隅まで吸ってください。
まず縦に隅々まで。
そして横に隅々まで。
縦横で十の字に掃除機をかけます。

敷物の下は密閉された床でこれまた雑菌繁殖の場所。
掃除機+クイックルワイパーで掃除しましょう。
床を掃除するときには窓を開けてくださいね。
換気と書くとわかりやすいでしょうか。
アパートタイプの部屋の場合、窓を開けて、換気扇をつけてください。
この換気がめちゃめちゃ重要です。
4~5分でいいんで換気してくださいね。

最後におさらいしておきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

水虫の治療にを使います。
準備するものは40℃くらいのお湯を入れた洗面器、お湯の1/10くらいの酢でした。
10分ほど両足をつけて、お風呂で洗い流してください。
10日ほどで皮が剥けてきます。

水虫治療の基本をあげました。

・足は丁寧に洗う。
・しっかり乾燥させる
・薬を塗る
・通気性のよい靴下を使う
・靴を毎日替える

直接足に触れるモノとしては以上です。

あとは部屋を綺麗にするです。
潔癖症にならなくってもいいです。
換気をしながら、できるときに掃除してください。

酢を使った足湯は面白いし、感動モノですよ。
ひと工夫するだけで全然違いますよ。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*