m字はげの髪型!おしゃれ感UPの薄毛ヘアスタイルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

m字ハゲでもお洒落なヘアスタイルで生きていける。
そう思えるまで10年以上かかりました。
完全なるネガティブモード全開なマイナス思考。

はげだから仕方ない。
薄毛はどうにもならない。
ハゲの生きざまなんて、所詮こんなモノだ。

諦めの境地に達していた私。

全て仕方ないでおわらせてました。
そんな情けない私に偶然きた転機。
それは、同い年くらいの40代のおじさまを偶然見たときでした。

お、カッコいいんでないかい?
いけるんでないかい?

そのときイケルかもというスイッチが入ってしまいました。

私の飽くなき挑戦を試してみました。
もちろん失敗もありました。
それでも私なりに研究を重ね、m字ハゲのお洒落な髪型にたどり着きました。

開き直った薄毛中年が、完璧にできるお洒落な髪型。
それでは一緒にみて行きましょう。

<スポンサーリンク>

m字ハゲの髪型は坊主でモテル

坊主は、自分に似合う長さやカットがあります。
一旦それを覚えれば、どなたでも外れなく、むしろかなり似合います。
丸坊主と聞くと、かなり抵抗があるかもしれません。

思い切ってメンズ美容院に行ってみてください。
「初めてなんですけど坊主にしてください。」
この一言でいいです。

あとは美容師さんがアドバイスしてくれると思いますし。
もう一言これをいえれば、無問題!
「9mmくらいで長めにしてください。」

慣れてきたら次のステップです。
「40代で坊主のかっこいい長さにしてください。」
「長めで自然な感じでお願いできます?」

質問をあらかじめ準備しておくといいです。
最初はこわごわだと思います。

だたでさえ字ハゲのコンプレックスがある。
しかもそれを告白しなきゃならないんですから。
3回目には店員さんも、あなたの髪質や生え方に慣れてくれます。

すると、だんだん同じ坊主でも、カットの仕方を工夫してくれるようになります。

さて、9mmや12mmといえば、坊主ヘア社会では長め派です。
坊主カット初体験の方におすすめな長さ。
それは上方でバランスをとってあげる。

すると薄毛やくせ毛で目立つm字はげが自然に見えるんです。
また、坊主カットすべてに共通して言えること。
じつは男らしさが強調されます。

ここがぼうずにしてみて、しばらくたってからじわじわ感じてくるポイントです。
清潔さが出ますから、お洒落に決めるつもりでカットしましょう。
清潔感を意識すれば、女性から好感大になっていくんです。

ポイントアップは間違いないですよ。
さらにセットするのがとっても簡単で、忙しい時でも手間がかかりません。
白髪が混じってきても、目立ちません。

逆に、40代の中年だという引け目から一見。
渋さが増して、かっこいいオヤジの雰囲気が出てきます。
m字ハゲで坊主にするメリット。

ちょっとあげるだけでも、これだけメリットがあるんです。
これは、慣れたころにわかってくる味わいです。
そして、私が感じる最大のメリットとは?

声を大にして叫びますよ。
坊主とは、超経済的。
しかもセルフカットできる一番簡単なヘアスタイルということ。

なぜなら、市販のバリカンでカットできるから。

4000円もあれば、購入できます。
アタッチメントも短髪の3mmから、ちょっと長めの12mmまで揃ってます。

バリカンセットの中には、メンテナンスのオイルやブラシもあって準備万端。
カット後の毛髪が服に残りにくくするフードも500円くらいで売ってます。

今購入できるバリカンのほとんどの商品が、水洗いOK。
まめにブラシとオイルで説明書通りに手入れすれば、余裕で5~6年は使えます。
慣れてくればどんどん自分流にアレンジが効きます。

これらが、5~6年使えて、4000円くらいの出費でできるんですよ。
休みの日に時間を気にして予約を取る必要もありません。
気が向いたときに、自宅で好きな時にセルフカットできます。

好きな長さにカットできます。
アタッチメントを外して、揃えたい位置に刃を当てるテクニックなんてもの可能です。

是非そういったテクニックは身に着けて下さい。
そうすることで襟足もきれいにそろえる。
もみあげの長さも自分で調整できるようになります。

もみあげの最後は、T刃のカミソリで仕上げてください。
ご職業によってはもみ上げと髭をつなげてみる。
なーんて、ちょい悪オヤジ風の坊主もアリです。

僕も挑戦してみたかったんですが、職場でNGがでました。
m字はげのヘアスタイルに丸坊主を強くおすすめするのは他にもわけがあります。
私自身、坊主が一番すっきり決まったからです。

m字はげといっても、さすがに坊主は抵抗あるな。
そういう方もいらっしゃるでしょう。
そんなあなたに、次からはm字はげ用厳選ヘアスタイルをご紹介します。

m字はげのお洒落な髪形

m字はげのお洒落なバリエーションを紹介します。

・ソフトモヒカン
・ベリーショート
・ショートレイヤー
・ツーブロック

誰しも最初は勇気いります。
なので今回はm字ハゲの方なら、どなたでもできるようなヘアスタイルを選んでみました。
決して若い男子にしか似合わないわけじゃないです。
私をはじめ40代のおっさんでも十分チャレンジできます。

それぞれ詳しく説明していきますね。

<スポンサーリンク>

・ソフトモヒカン

いきなり短髪に抵抗がある人もいるまず。
であれば通称ソフモヒカットに挑戦してみましょう。
こちらも少しM字はげが気になりだしたという方。

違和感もなくキマるヘアスタイルです。
私も時々ソフモヒカットやってます。
様々なバリエーションを 試してみると面白いですよ。

多少スタイリングに手を入れる必要があります。
しかし、今や公務員、会社員、サービス業、営業マンといったどもシーンでも見かけます。
それくらい、社会的に定番になっているお洒落なオヤジヘアです。

小学校5年の娘。
大人気の担任の先生が45歳。
このソフモヒカットでした。

ソフトモヒカンでも色々あります。
特に私がお勧めのソフモヒカットがあります。

説明しますね。

前髪をサイドと同じくらいに短めにします。
私の場合だと、6mmです。
後頭部を逆に長めに残していきます。

通称トサカヘッドです。
これが意外に爽やかなお洒落感が演出できます。

劣等感のm字はげが、お洒落なあなたの定番アイテムにできてしまいます。
最初は何度か美容師さんに伝える必要がありますが、決まってしまえばあとは楽です。

毎朝のヘアセットをまとめやすいというメリットもあります。
ジェルなどを付けるとさらに面白いです。
尖った感とビシッと感がUPしてイケテル40代オヤジに変身できます。

その時々のお洒落感に、バリエーションをだせて雰囲気を変えれる。
これ超おススメです。

・ベリーショート

刈り上げや、デザインカットにしたいという人にオススメ。
女性に爽やかな好感を与える、尖ったヘアスタイルが特徴です
男らしいクールさを演出できます。

黒髪、カラーリング共に相性の良いヘアスタイルです。
白髪が気になる方は自然染めしたほうがいいと思います。
コツは前髪を横に流すことでまとまりが出るところです。

美容師さんは「トップをギザギザの長めのショートにしてください。」と頼んで下さい。
前髪を長めに残して、サイドからスクように流すようにします。
そうすることでM字はげが逆にうまくつかえる髪型です。

全体的に爽やかなスタイルで決まります。
特に40代突入となると働き盛りです。
ビジネスシーンに対応できる、仕事のできる男を演出できる髪型です。

・ショートレイヤー

短髪や坊主に抵抗があるという人もいるとおもいます。
そういった方にはショートレイヤーを試すのはアリですね。

ただし、m字はげが行き過ぎている人には不向きです。
少し前髪が薄くなってきかたな?
そんな程度のm字はげの方にはおススメです。

ゆるめのパーマをかけてふんわりさせ、ボリュームをあげます。
ここがポイントですよ。
清潔感がダントツにアップします。

ぼうずやソフモヒカットに比べると伸ばすまでに多少時間がかかります。
でも。爽やかな中年オヤジがグイングイン演出できるヘアスタイルです。

部分部分によって、少しだけカラーを変えるのもおススメです。

・ツーブロック

サイドを短くすっきり刈り上げて、前髪、上部を整える。
ツーブロックにするときは、トップを長めに残す事。
トップを立たせてください。

そうすることで、セットにコツをつかむと前髪の薄さがうまく隠れるようになります。
m字はげのツーブロックの一番の強みは、若さを印象づけれること。
さりげない若々しさを演出したい人に、おすすめの一押しヘアスタイルです。

若作りをお洒落に取り入れていようってチャレンジ。
とっても大切です。
前向きになっている証拠ですからね。

m字ハゲだからといって諦めていらあなた。
ここからですよ。
間違いなくここからです。

ネガティブ思考から脱却しましょう。

若さと渋さに挑戦できるm字ハゲならではのヘアスタイルなんです。
自信を持ってください。
おお。その髪型かっこいいな。アリアリじゃないの。

なんて言われる時がきっときます。

女子社員から注目され、男気ポイントアップしてると思います。
さりげないお洒落な男性は間違いなく好感度があがりますから。

注意してほしいのは、美容師さんにお願いするポイントです。
サイドを思い切り目に刈り上げ、敢えて微妙な極端さをつけてください。
長い部分との メリハリがアクセントになり特徴的な印象がでます。

最初は怖いと思いますし、m字はげを気にてること。
強いアクセントにはしたくないこと。
さりげないお洒落を楽しみたいこと。

これらをしっかり美容師さんに伝えてください。
自分に似合うお洒落なツーブロックになれますよ。

m字ハゲの髪型で大人のお洒落

m字ハゲで大人のお洒落を楽しみましょう。
m字ハゲでもヘアスタイルによってお洒落を取り入れれる。
私見ですが確実にハゲのヘアスタイルを楽しめるような時代になってきていますね。

自分に合ったヘアスタイルを是非みつけましょう。
そうすることで、服装や、小物アイテムにも気が向くようになります。

アイテムの代表例は眼鏡。

眼鏡を使っている方。
絶好のワンポイントアイテムにしてください。
坊主にしたとき、顔全体のワンポイントとして、色んなフレームを試してみてください。

私のお勧めは太めのシルバーメタリックです。

手に取ったときに、ちょっと目立つかなくらいのゴツメのフレームがいいです。
もちろん、チタンフレーム、セルフレーム、ノンフレーム。

お好みのフレームでお洒落を楽しんでください。
フレームの色も、ついつい黒を選びがちです。
同じ黒を選ぶなら、形や太さを今までと違ったフレームにしてみてください。

「少し若いかな?」

くらいがちょうどいいです。
ただし、眼鏡屋さんは店員さんに相談するときの注意点。
美容師さんとは逆の効果になりますので注意してください。

眼鏡屋さんで、特に大手チェーン店系によくある接客トークがあるんです。
それは、おススメを聞いたら、一般的によく売れているものをススメられるということ。

これでは、あなたの個性が失われてしまいます。
眼鏡を選ぶ重要なお洒落ポイントとは、あなたの個性を出すことだと考えて冒険がてら選んでみましょう。

色やフレームの材質、形や太さ。
その辺りは、色んな眼鏡屋さん、いろんなフレームを実際にかけてみて、時間をかけて選んでください。
最初は、時間をかけることというのは、40代のオヤジには難しいかもしれません。

せめて、眼鏡だけでも。
と考えてください。

で、一回、どこの眼鏡屋さんでもいいので、買わないつもりで入ってみるんです。
その時に敢えて若い人がかけそうな、普段なら手に取らないようなフレームをみてください。

一回だけでいいです。
試してください。

案外買わないつもりで眼鏡屋に入るできることができますよ。
そして、さらっと見て、しれっとお店を出てください。
これができると、次の行動に移れます。

二回目ができるんです。
私がそうだったからです。
でも、会社帰りでいいので、買わないつもりで眼鏡屋に入る。

この行動できるようになると、自分に合ったフレーム選びが楽しくなります。
そして、眼鏡を使ったお洒落を楽しめるようになります。
これ、めちゃくちゃ大切なんですよ。

でなんどか眼鏡屋に入ることで、店員さんと仲良くなれます。
自分がどういったフレームを選ぼうとしているのか、店員さんがわかってくれるようになります。
もうワンポイントアイテムとして、敢えて帽子をかぶること。

キャップ帽でもいいですし、流行りのニット帽でもいいです。
おそらく、ニット帽が今後すたれることはないと思ってます。
帽子は色や柄によって印象がガラリとかわります。

最初は大人しめの帽子でいいです。
スポーツ店に行くと一年中あるある。
そのシーズンに合ったキャップ帽とニット帽をそろえているお店があります。

だんだんと色んなタイプに挑戦してみてください。
眼鏡もまた然り。
m字ハゲならではのお洒落が楽しめる。

生活感ががらりと変わって、楽しくなりますよ。
最後にm字ハゲのお洒落なヘアスタイルのおさらいしておきますね。

まとめ

m字ハゲの王道ヘアスタイルを紹介しました。
とにもかくにも坊主で決める。
メリットだらけの坊主カット。

個人的には断トツおススメです。
お金がかからない。

自分の都合のいい時にカットできる。
もみあげを伸ばすなど、案外アレンジが聞いて味を演出できる。
やらない手はないです。

m字はげならではのお洒落なヘアスタイルでキメル。
短めのソフトモヒカンくらいなら、坊主と同じ要領ででカットできるようになりますよ。

ただし、コツをつかむまで何回か練習が必要です。
でも失敗したら坊主にちちゃえばいいんです。
逆の発想でなんとでもなる。

「なんとでもなる」こと。
m字はげになってみてわかる『役得』です。

アイテムを使って、お洒落を楽しむ。
眼鏡や帽子といったアイテムを積極的に取り入れてください。
m字ハゲ・薄毛ならではのお洒落のコツを是非楽しんでください。

40代のm字ハゲでお洒落を楽しむ。
なんて粋な生活でしょうか。
薄毛に悩んでいる人には到底わからない聖域だと自負してもいいでしょ。

薄毛ライフを楽しんで、毎日を充実させましょう。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*