オールバックのセットでメンズの簡単お洒落テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オールバックとはリーゼントしかない。
なんて昔話

薄毛の中年でもオールバックは簡単きれいに決まります。

いまやハゲでも、薄毛でもお洒落が可能な時代。
オールバックでお洒落をするアラフォーメンズはたくさんいます。

やった者勝ち。
オールバックセットは手に入れて当たり前なんです。

おでこが広がってきても、自信を持ってお洒落な中年に変身しましょう。
オールバックのメンズの簡単テクニックをご紹介します。

<スポンサーリンク>

では一緒に見ていきましょう。

オールバックのセットの簡単な方法

大人の男の魅力全開のオールバックヘアセット。
実は簡単に自分でスタイリングできます。

最初は緊張するかもしれません。
「失敗したかも。」
ってなります。

でも数を重ねたら確実に慣れます。
ですし、案外自分で思ってるほど失敗しないものです。
大人っぽいオールバックは果敢に責めるのが良いです。

仕上がりは、ちょいわるオヤジ風ですね。

わかりやすい動画がありました。

基本的なカットはこんな感じです。

オールバックの一番のおすすめポイントです。
それは「中年の特権」ってところ。

胸張って堂々とできますよ。
中年というコンプレックスを吹き飛ばす、大人の男を演じましょう。

まー簡単な言葉を使うと開き直りですね。
じゃ、オールバックの簡単セット方法を説明しますね。

・髪全体を霧吹きで湿らせます。
・手のひら全体に広げれるようにワックスをとり、髪全体に付けます。
・セットしていきます。

順番に説明しますね。

    ・髪全体を霧吹きで湿らせます。

濡らし過ぎないようにしてください。
湿らす程度です。
これで、ワックスなどの整髪量にムラがなくなります。

<スポンサーリンク>

    ・手のひら全体に広げれるようにワックスをとり、髪全体に付けます。

まんべんなく付けてください。
全体につけ終わったら髪をかき上げて、大体のオールバックの形を作ります。
手くしである程度かき上げます。
最後にセットです。

    ・セットしていきます。

手くしである程度かき上ていきます。
揉みあげるようにトップのボリュームを作り、毛先を指で揃えていきます。

これで終わりです。

あとは日々の繰り返しで、しっかりコツをつかんでください。
わたし、最初は恥ずかしかったので、知識なしで自力でやりました。

知識がなかった約10年ほど前。
当時はスマホもネットも今ほど普及してなかった時代。

書店やトコ屋での少ない情報でドライヤーくしで無理やり作りました。
1時間かけても大失敗しましたね。

それが、今やオールバックはスーツスタイルのビジネスマンでもド定番です。
簡単にセットするために、美容師さんにお願いしするポイントがあります。
ある程度ポイントをおさえてカットのお願いをしておくと、セットが楽にできます。

理容師さんにお願いするポイントがあります。

お願いする最大のポイントとは。

髪の量を減らしてもらうこと。

髪の毛にボリュームがあるとセットしにくいです。
ちゃんとすいてもらいましょう。

具体的にお願いしたほうがいいです。
サイドは短く仕上げてもらいましょう。
遊び感を出したいときは襟足をちょこっと伸ばすとお洒落感UPでアリです。

ただし、前髪とトップは長めにしてくだいね。

これはハゲ隠しにちょうどいいですよ。
私は薄毛、円形脱毛症対策にミックスパーマで全体を仕上げます。
無造作感を出したいときはニュアンスパーマでもいい感じになりました。

髪質によっては黒系やダーク系の色を入れると渋みが出るんです。

次に自分でセットするときの必要アイテムを解説します。
これだけでいですし、目から鱗の情報も一緒に説明しますね。

オール バック セット に必要なもの

オールバックをセットするのに必要なものとは。

・ドライヤー
・ブラシ
・ヘアアイロン
・整髪料
・小物

一個ずつ説明しましょう。

    ・ドライヤー

ドライヤーや扇風の大きなものが良いです。
温風は気にしなくてもいいですが、扇風は大きなものが格段にいいです。

    ・ブラシ

ドライヤーとセットで手に取って握りやすく、使いやすいものがいいです。
スケルトンブラシでググってみてください。

安価ですが、ドライヤーと一緒に使うなら断トツでスケルトンブラシをお勧めします。

理由は隅々まで風が当たり、短時間でセットしやすいから。
使えば使うほどわかると思います。
好みによると思いますが、何より使い易いのに安いんですもん。

この2アイテムで下ごしらえをします。
一か所ずつ熱を当てていくんですけど、近すぎないようにしてくだいね。
頭皮を痛めてしまいますからね。

目安として、約15cmくらいは離したほうがいいですね。
風量が足りないと思ったら、大きいドライヤーの出番です
ナノテクとか、イオンとか、特別高価なものじゃなくっていいです。

    ・ヘアアイロン

これはオールバックのスタイルによります。
ナチュラルクルクル系のパーマをいれたら必要ないです。
渋めのふんわりオールバックならあってよしですね。

    ・整髪料

これはあなたのイメージ通り、必要なのがグリースです。
使ってよかったのはクールグリース系でしした。
しっかり固めてくれますし。

あまりウェット感がなくって、決めれるし、遊べます。
応用が効くのが面白いですね。

    ・小物

これは、同僚のハゲ仲間からシェアしてもらったんです。
ド定番でいえば「眼鏡」ですね。

「メガネをかけてたことなんてないし。」

安心してください。
中年になると必ずやってくるのが老眼です。

老眼を待つか、お洒落アイテムとしてだてメガネをかけるか。
こんな歳でだてメガネなんて恥ずかしいな。
そう思ってるでしょ。

この歳ならではの世間への言い訳が「老眼になっちゃって」で通ります。
眼鏡屋さんへの言い訳は「パソコン仕事でやたらと疲れて。」とレンズを入れてもらうんです。
で効果の有無は別として、PC用のレンズを入れてもらったらOK。

どちらにしても、時間も問題だと思って諦めちゃってくれていいですよ。
中年でハゲオヤジでヘアスタイルで遊べる。
こんな面白さは思いもしなかったですよ。

ちょっとしたチャレンジです。
どうせ最初は誰も見てませんからね。
40代過ぎて、やったもん勝ちですよ。

白髪があるなんてときには、間違いなくめちゃシブです。
この感動は共有したいですね。
もういっこ重要なポイントがあります。

オールバックのセットで必ず注意しておきたいことです。
絶対にNGなのは、整髪料だけでセットすること。
ギトギトのベタベタ、これ止めたほうがいいです。

まず大切なのはドライヤーで髪に癖をつけること。
最後の仕上げとして整髪料で雰囲気を作る。
これがどんなヘアセットにしても大前提です。

そのテクニックとしてドライヤーブラシを使うこと。

まず、温風でセットしていきます。
トップからでも、前髪からでもいいです。

髪を持ち上げて軽く後ろに引っ張りながら癖をつけてください。
繰り返しますが、頭皮に熱風を当てすぎないように。
傷めて、ハゲを進行させてしまいます。

ドライヤーで7~8割のヘアセットはできます。

次に、クルクルヘアじゃない場合のオールバック。
更にに癖をつけるためのアイテムがヘアアイロンです。

ヘアアイロンも高価なものじゃなくっていいです。
目安は約10000円まででいいです。

少ないお小遣いで無理なく買える値段で十分です。

ハゲの頭皮ケアとと同時に、オールバックでお洒落を決める。
これが中年のハゲオヤジのお洒落の醍醐味です。
熱くして髪をっセットしたら、冷風で固めます。

これでかなりオールバックの雰囲気が出てきます。
グリースは補足程度だとおもってください。
濡れた感や、つんとした感、遊び感を最後に出すためのアイテムって感じですね。

いじくってみると本当に面白いですよ。
新しい自分の発見に出会えます。
40過ぎてからの発見なんて、そうないでしょ。

だからトライするんです。
失敗してもやり直しゃいいんです。
どうせ今までも失敗ばかりの人生なんです。

今更、一つや二つ、かっこ悪い失敗しても怖くないでしょ。
アラフォーのお洒落の最大の強みはこれですよ。
おまけ情報で、私が実際にやらかした整髪料での失敗談、成功体験も解説しておきますね。

オールバックのセットでよかった整髪料
最初にギラギラお洒落で遊ぶオールバックをしてしまいました。
上司に「おいこりゃっ!!(怒)」でした。

それが通用する仕事じゃないのに、ギトギトにしすぎちゃいました。
クールグリースを使うのが失敗がなくって定番です。

ウェット感を抑えめに、しもあしっかりとしたセット力があるのがいいです。
「しっかりウェットで決める!」なんてのはひとまず避けたほうがいいですよ。

そういうのは、事がオフの時にトライしてみてください。
してたら、だんだん慣れてきます。

まー、気分ですね。
クシャットパーマでボリューム出して、ハゲ隠を隠し。
円形脱毛症をカバーするんならくるっとパーマプラスちょっとだけウェットなグリースでいいと思います。

ジェルは避けておきましょう。
私が使ってみた感想。
確実に髪の毛が重たくなります。

私のの場合、べたーッとした感じになってしまいました。
見た感じが、お洒落にするつもりが、ギトギト中年オヤジでアカンかったです。

ポマードもいいですよ。
ただし、これもウェット感は程よい感じを狙ってください。
20代とかの若いひとならまだしも、40代のウェット感はバランスが悪くなると見苦しいです。

ただし、キープ力はピカ一です。

ではおさらいしておきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

オールバックのセットの簡単なやり方
コツさえつかんだら確実に慣れます。
自分の髪質とくせ毛、あなたに合ったカットの仕方をゲットしましょう。
ハゲや円形脱毛症の位置がわかってくるとシャシャットっとできてきます。

オールバックセットに必要なものはドライヤー、ブラシでの下ごしらえでしたね。
そのあとグリースやポマードでさりげなくあそびながらキープしていきます。

手のひらで掴むようにもみ上げると、しっかりボリュームを出して遊べる。
これで勝ち組になりますよ。

40代のオヤジだからと言って遠慮しちゃだめですよ。
オヤジだから大人に決めれるお洒落です。

しっかりと若者に(特に女子に)おとなのお洒落のお手本を見せてあげましょう。
ハゲだから、と諦めていたハーツを逆手にとって、これからの半生を楽しむんです。

ただし、職場の方に注意されない程度にしましょう。
(私だけで十分です。)

あなたに似合ったオールバックをモノにして下さい。
白髪だろうが、薄毛だろうが、ものにしたもの勝ちです。

私も結構いろいろ遊びました。
上司に怒られない範囲でね。

一緒に40代の中年ヘアを堪能して自己満足に浸りましょう。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*