ショートカットキーの便利総まとめWin編!初心者さんの仕事が爆速になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の時間が無駄に長い気がする。
サービス残業を減らしたい。
PC画面を見ていると疲れる。

そうした悩みを抱えている方におススメしたいのがショートカットキーです。
ショートカットキーってなんじゃらほい?

ググってみるとあるわあるわ。

ショートカットキーの操作を一覧で覚えると、驚愕怒涛にPC作業が速くなりますよ。
業務時間のムダを少しでも減らしませんか?
いままでなら、いちいちマウスまで手を伸ばしていた動きが、キーボードだけで完結するんです。

このキーボードだけで作業が完結するってこと。
これって、びっくりなあなた自身の仕事効率がUPします。
ただ、ショートカットキーのテクニックは膨大です。

今回はWindows PCを使う上でぜひ覚えておきたいショートカットキーの総まとめ。
基本的なことろから、ちょっとした小技まで。
知っておいて損はないです。

活躍ベつにまとめてみました。
できそうなところからじゃんじゃん使ってみてください。

それでは一緒に見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

目次

Windowsのあなたは知っていて当たり前!文章入力時のショートカットキー

文字入力の漢字変換、空白 → Space

文字入力時に押すと、漢字変換を行います。
使うにつれ、変換候補が普段使っている表示に換わっていきます。

「aiueo」の「i」と入力して「Enter」を押した後「ueo」を入力して「Space」を押すと「ai ueo」という表示になります。
全角、半角ともに1文字分スペースの空欄を空けます。

新規作成 → Ctrl + N

ワードなど開いているとき、新しいタブで開くことができます。

新規作成 → Ctrl + N

マウスの左クリック&ドラッグなどで選んだ文字、文章を切り取ることができます。

コピー → Ctrl + C

マウスの左クリック&ドラッグなどで選んだ文字、文章をコピーすることができます。

ペースト(貼り付け)→ Ctrl + V

マウスの左クリック&ドラッグで選んでコピー切り取りした文字、文章を貼り付けることができます。

前の動作に戻る→ Ctrl + Z

一瞬で一つ前の入力画面に戻せます。
例「一瞬で一つ前の。の入力画面に戻せます。」打ち間違い→Ctrl + Z「一瞬で一つ前の入力画面に戻せます。」
といった感じです。
(ソフトによってもどせる回数が決まってます。)

入力文字を別の文字に置き換える → Ctrl + H

文字文章の置き換え作業をおこなう、置き換えBOXを表示できます。
エクセルで表の中の文字などを全て同じ文字に書き換えるときに超便利です。

「Ctrl + H」を押すと置き換え画面が表示されます。
全ての「例」を「例えば」などに書き換えたい場合一度にすべての「例」が「例えば」に変えることができます。

<スポンサーリンク>

Windowsのあなたはは必ずマスターしたい!超基本動作のショートカットキー

ファイル・フォルダーを全選択 → Ctrl + A

表示中のファイル、フォルダに対して全選択を実行します。1つひとつ選択するのが面倒な時に使うと便利です。

タスクマネージャーを開く → Shift + Ctrl + Esc

タスクマネージャーとはそのとき起動させているワードやメモ帳といったソフトや、バックグラウンドで動いているインターネットエクスプローラーやグーグルクロームといったブラウザのことです。
Shift + Ctrl + Escを同時に押すことで画面上に小さく表示されます。

マウスの右クリックと同じ動作 → Shift + F10

マウスの右クリックと同じように、メニューを開く動作を実行します。
グーグルクロームといったブラウザを開いているときのShift + F10と、ワードを使っているときのShift + F10では表示される右クリック画面が違いますので、確認しながら使います。

画面をそのままコピーする → PrintScreen

表示している画面を画像として キャプチャするショートカットキーです。キーボードでは「PriScr」と略して配置されていることあります。
表示していた画面全体が、パソコン内にコピーされます。
コピーした画像はワードに張り付けることができます。

ペイントソフトに使うこともできます。
[スタート] ボタン→[アクセサリ]→[ペイント]の順番にクリックします。
[ペイント]が起動します。

[ペイント]画面の左上にある、[貼り付け] ボタンをクリックすると画面を保存してブログなどに使えます。

開く、文字入力確定、改行 → Enter

画面上のアプリケーションの起動、フォルダを開く際、マウスのダブルクリックの代わりに使います。
開きたいファイルなどを選び、Enterキーを押すとソフトなどが開きます。

アプリケーションを閉じる → Alt + F4

今使っているソフトやグーグルクロームやインターネットエクスプローラーといったブラウザそのものを終了させるショートカットキーです。
インターネットで2画面3画面を開いているときは、ブラウザによっては「すべてのタブをとじてよろしいですか」など表示されます。

グーグルクロームは表示されず、一瞬で消せます。

閉じる → Ctrl + W

ファイル・ ブラウザなどの画面右上にある×ボタンの代わりです。
ファイルやフォルダを一瞬で閉じます。

Xボタンと同じなので、開いている画面そのものを終了することになります。

最小化 → [Windows]キー + [Home]キー

使っている画面以外の開いているソフトや画面を最小化します。
ワードを使っていて、ほかのソフトやインターネットエクスプローラーを使っているとき、ワード以外のすべての画面が最小化されます。

同じソフトで、複数タブを切り替える → Tab + Ctrl

グーグルクロームやファイアーフォックスで複数のタブを開いているとき、Tab + Ctrlを押すたびに、開いている画面を切り替えられます。

新規作成 → Ctrl + N

ブラウザを開いているときに、一瞬で新しく別のブラウザを開くことができます。

行の先頭にカーソルを移動 → Home

ワーフドやメモ帳で入力している行の頭にカーソルを移動する。
ブラウザを開いているときウィンドウ内で画面の先頭までスクロールしたいとき、一瞬で先頭にできます。

行の行末にカーソルを移動→ End

ワーフドやメモ帳で入力している行の末にカーソルを移動する。
ブラウザを開いているときウィンドウ内で画面の最後尾までスクロールしたいとき、一瞬で最後まにいきます。

英文字を大文字で入力をする → Shift + 英字キー

英文字で入力する際に「Shift」キーと一緒に文字キーを押すと、大文字で入力することができます。

文字検索ウィンドウを開くことができる → Ctrl +F

ブラウザの場合、メモ帳、ワードいずれの場合でも、「Ctrl +F」を押すことで検索画面を出すことができます。

プレビューの確認と印刷画面を表示することができる → Ctrl + P

開いている画面上で「Ctrl + P」を押すと、すぐに印刷画面を表示させることができます。
そのまま「Enter」キーを押すことでプリンタ印刷することができます。

ホームページやエクセル、ワード、メモ帳、いずれも機能します。

Windowsのあなたは必見!検索を超効率させる!ブラウザ使用時のショートカット

開いている ブラウザのページをすぐにお気に入りに追加できる → Ctrl + D

お気に入り機能をよく使うあなたには超便利です。
開いているブラウザのページをあっというまにお気に入りに追加することができます。

一先ずお気に入りに入れておきたい場合は必須!スピードが格段にあがります。

最新の情報に更新 → F5

開いているブラウザの表示が最新に更新されます。
ニュースページなどをよく見るあなたにはめちゃめちゃ楽になりますよ。

戻る、進む、がすぐできる → Alt + ← または Alt + →

ブラウザ左上のの「戻る」や「進む」の「やじるし」を押さなくても前後のページを閲覧できます。
すぐ慣れます。

一旦慣れたらマウスのクリックより圧倒的に早く画面の移動が可能になります。

アドレスバーを選択する → Alt + D

ブラウザ上で「Alt + D」を押すことで画面上に表示される「ホームページアドレス」を一発で選択できます。
「Ctrl + C」や「Ctrl + V」と一緒に使うことで、検索スピードが各段にあがりますよ。

Excel作業を超速で効率化してくれるショートカットキー

作成済みExcelファイルを開く → Ctrl + O

「Ctrl + O」を押すことで、ファイルを開くダイアログを表示させることができます。
これを覚えると、マウスを使うより、はるかに効率的に、表示、作成、保存ができるようになります。

入力済みデータを全削除 → Delete、Backspace

「Delete」「Backspace」エクセルの中のセルに入力済の文字、数字などデータがすべて削除できます。
入力中は「Delete」はカーソルの右側が一文字ずつ削除され、「Backspace」ではカーソルの左側が一文字ずつ削除されていきます。
「長押し」で押し続けると、ダダ―っと順番に削除されていきます。

カーソルのある行を全て選択することができる → Shift + Space

一瞬で行を選択することができます。一般的にマウスに持ち替えて行見出しをクリックしないといけないんですが、キーボード上の「Shift + Space」だけ。
たったこれだけです。

セルの書式設定をすぐに表示することができる → Ctrl + 1

マウスで右クリックして「書式設定」を選ぶ必要がなくなります。
「Ctrl + 1」だけで書式設定の画面が表示されます。
仕事でエクセルを使うことが多いあなたはめちゃめちゃ楽になりますよ。

選択したセル内の数字の各種設定を標準に戻せる → Ctrl + Shift + ^

一つ一つのセル、または範囲を選択したセルの表示形式を一発で標準に戻すことができます。

セル内のデータを太字に変更、または解除することができる → Ctrl + 2、Ctrl + B

書式設定の太字ボタンとおなじように変更、解除の切り替えが瞬時にできます。
「Ctrl + 2」「Ctrl + B」どちらも同じように使えます。
個人的によく使うのは「Ctrl + B」ですね。

選択セルのデータを日付表示 → Ctrl + Shift + ♯(shiftを押しながら数字の3)

表示形式を日付に変更することができます。
マウスで使い慣れていても、このショートカットキーを覚えると作業効率が格段にUPしますよ。

選択セルのデータを小数点以下の桁数0の%で表示 → Ctrl + Shift + %

表示形式が小数点以下の場合の桁数を一瞬で0の%に変更することができます。
エクセルに少し慣れてきたときに使うと、その便利さに驚きますよ。

上のセルへ移動する → Shift + Enter

「Shift + Enter」キーを押すと入力を確定し、今選択しているセルの上に移動します。
「Enter」のみ押すと入力を確定し、今選択しているセルの下に移動します。

入力を確定し左のセルへ移動する → Shift + Tab

「Shift + Tab」キーを押すと入力を確定し、選択しているセルを左に移動します。
  

入力を確定し右のセルへ移動する → Tab

Excel使用中に押すと、選択しているセルの右方向へ移動します。
ウィンドウを使用中には入力画面の項目や選択項目の移動にTabボタンを押すだけで移動できるショートカットキーです。

セル内で改行する→ Alt + Enter

入力中のセルを途中で改行できます。
Enterボタンだけ押すと下のセルに移動します。

選択行を非表示→ Ctrl + 9

選択した行を非表示にします。
エクセルを使う場合には、このような小技のショートカットキーを使うことで、疲労感が格段に下がりますよ。

  

選択行を再表示→ Ctrl + Shift + 9

選択した行を再表示にします。
先ほどの反対です。エクセルの場合、こういった表示、再表示にサクッと使えるキー操作を覚えておくと何かと便利ですよ。

  

選択列を非表示→ Ctrl + 0

今度は列です。
選択した列を非表示にします。

  

選択列を再表示→ Ctrl + Shift + 0

選択した列を再表示にします。
数字キーを使ったショートカットキーはだんだんと指が覚えてきますよ。

  

セル内で行末までの文字を削除→ Ctrl + Del

セルに入力している行末までの文字を削除します。
これを使うとエクセルの文字入力と削除が一気に速くなりますよ。

  

ページの先頭にカーソルを移動→ Ctrl + Home

文章を入力時先頭に戻りたいと思った時は「Ctrl + Home」キーを押すと先頭に戻ります。
一瞬で先頭に戻ります。
かなり役にたつショートカットキーです。

  
ショートカットキーは膨大な量があります。
最後に知ってて便利な小技のキー操作を紹介しますね。

知っていると超便利!スゴ技ショートカットキー

デスクトップの表示→ Windows + D

デスクトップにあるファイルを探したい時やデスクトップを表示させたい時に役立つショートカットキー。
一瞬で画面に開いているものを最小化できます。

私はこのショットカットキーを一番よく使うかもしれません。
ちょっと休憩したい時など、しょっちゅう使います。

Officeをヘルプ呼び出す→ F1

デスクトップでF1キーを押すと、ヘルプを呼び出してわからないことを調べることができます。
ただし、開くブラウザはインタネットエクスプローラーです。  

ゴミ箱に入れずに完全削除→ Shift + Delete

通常ファイルは削除すると一度ゴミ箱に入ります。
このショートカットキーを使うとゴミ箱を経由せずに完全削除します。

手間なく削除が出来きぶっちゃけ早いです。
便利ですが、削除後は復元ができないというデメリットがあります。

  

さて、ひととおり見てきました。
おさらいに、まとめてみましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

さて、おさらいです。

・文章入力時のショートカットキー
・超基本動作のショートカットキー
・Excel作業を超速で効率化してくれるショートカットキー
・スゴ技ショートカットキー

を説明させて頂きました。

「キーボードに抵抗がある。」
「マウスじゃないとやっぱり不安。」

ってあなたでも、ちょっと遊ぶ感覚で始めて見られたらいいんじゃないでしょうか。
一つずつ、一個ずつ遊んでみてください。
きっと、驚くほど仕事の効率がUPしますよ。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*