泣けない人に試して欲しい!おすすめの泣けるようになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「泣く」ことをしていますか?
中年の男がそうそう泣く機会なんてないと思います。

が、我慢しすぎてストレスで泣けない、泣かない。
これは恐ろしいことなんです。

なかなか泣けないあなた。
きっとこれから泣きたくなることが出てきますよね。
そんな時のために、泣けない人に試して欲しい方法をご紹介します。

<スポンサーリンク>

泣けない人におすすめ!泣けるようになる方法とは

泣ける映画を鑑賞する

泣きたいけど泣けない時、心をゆさぶる映画作品を鑑賞してみましょう。
笑って泣けるほんわかコメディー。
人情で泣けるヒューマンドラマ。

圧倒的スケールで壮大なヒーローアクション。
アニメーション映画。
泣ける感情を脳内脳内に働きかけることをおススメします。

泣けるドラマを見る

お気に入りのドラマはありませんか?
普段見たことがないあなた。
家族を描いたホームドラマはどうでしょう。

切ない恋愛ドラマ。
挫折から成功する大逆転ドラマ。
不朽の名作を見てみるのもアリです。

<スポンサーリンク>

昔のアルバムを眺めてみる

高校時代のアルバムを見てはどうでしょうか?
あなたのお子さんの小さなときのアルバムは残っていませんか?
今苦しいとき、辛い時に、「ああ、このときがあったなぁ。」

と懐かしむと、おもわず心が揺さぶられるとおもいます。

紙に書き出してみる

あなたが頭に浮かんでいることを紙に書きだしてみるんです。
淡々とひたすら書いていってください。

かっこいい文章。
決まらない単語。
なんでもいいです。

「しんどい。」「何も考えれない。」
でもいいんです。
あなたの感情や思ったことをただ、ただ書く。

できれば一日一回、10分くらいかけてみてください。
ノートにして日にちをつければ立派な日記です。
恨みのような怖い分になるときもあります。

日が経って冷静に見返すと、一歩引いた客観的な目で自分を受け止めることができます。
エクスプレッシブライティングというそうですが難しく考えなくてよいです。
あなた自身の感情と向き合い、紙に書きだすこと。

めちゃめちゃ大切なことなんです。

泣ける本を読む

小説は苦手だというあなた。
写真集を手に取ってもいいかもしれません。
図書館にいくと、今のおすすめ新書コーナーがあります。

設置されているPCで検索することもできます。
お友達に聞いてみてはどうでしょうか。
不治の病の中で生き抜く自伝小説。

逆境から生き抜いてくドキュメンタリー。
ベストセラーエッセイ。
印刷された字を見るだけでも刺激になるとおもいます。

泣ける動画を見る

フラッシュモブで検索してみてください。
凄い動画がたくさん見つかりますよ。
何かのため、誰かのために人ができる表現力を体感してみてください。

あなたに重なる何かが見つかれば、お気に入りに保存してみるといいですよ。

感動のスピーチで検索してみてください。
結婚式のスピーチ。
卒業式のスピーチ。

お世話になった鬼監督へのスピーチ。
あなたに重なる何かがみつかるかもしれません。

当たり前の動物の本能が実に見事に撮られている動画が見つかります。

動物に触ってみる

おススメはちょっと頑張って触れる牧場に行ってみるか、評判のいいペットショップに行ってみること。
温かい動物に触れるという行動。
気持ちを落ち着けてくれることってないでしょうか?

ストレスを抱えているとき、不安なとき、動物動物がいてくれるとほっとするんです。
ふれあいで温かいものを感じていると「何となくほっとする」なんて気持ちになりますよ。

気持ちを落ち着けてみる

落ち着いてみる必要があります。
部屋の照明を消して、ろうそくの明かりにして、ゆったりとした音楽を流してリラックスしてみましょう。
落ち着いてきたら、自分が泣きたいと思ったきっかけを、ゆっくりと思い出せば良いかと思います。

それがあなたにとってとても悲しい事や辛い事だったのであれば、自然と涙が出て泣くことができます。

それでは最後にまとめておきましょうか。

<スポンサーリンク>

まとめ

泣けない人におすすめの泣ける方法をご紹介してみました。

泣ける映画を鑑賞する
泣けるドラマを見る
昔のアルバムを眺めてみる
紙に書き出してみる
泣ける本を読む
泣ける動画を見る
動物に触ってみる
気持ちを落ち着けてみる

泣くことで自律神経が整い、気持ちや身体が落ち着きます。
泣けない人は、笑わない、笑えないかもしれません。
心から笑って、涙を流して泣いて、気持ちを開放させてあげること。
気持ちが前向きになり、体のバランスがよくなります。
身体にも、心にもいいことだらけですよ。

簡単ことからでいいので、ぜひためしてみてください。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*