職場の人間関係がストレス!疲れたときの超対処法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間関係が上手くいかずストレスでしんどい。
仕事ができない。仕事が進まない。
苦しくてどうにもならない。

職場の人間関係で疲れても解決できる方法があるのか?
会社では上司、同僚、部下など、それぞれの立場上の関係性があ力ます。
いつも人間関係がいいとは限らないですよね。

いい状態をキープするのって実は大変なんです。
職場の人間関係を円滑にする方法を説明しますね。

<スポンサーリンク>

職場の人間関係のストレスを解消するコツとは?

挨拶と返事はしておく

職場の人間関係に疲れたら挨拶もできないことがあります。
若い新入社員ならまだしも、この歳で疲れ果てての元気よさ。

元気な挨拶を毎日、毎回はしんどいですよね。
ただ、小声でもいいので、挨拶だけはしておきましょう。

「おはようございます。」
「お疲れさまでした。」
「ありがとうございます。」
「申し訳ありません。」

一番地味なところですが、一番大切なことでもあります。
大切にコツコツと積み重なっていくことです。

<スポンサーリンク>

素直に謝る

「申し訳ありませんでした。」
「ごめんなさい。」
長年会社員をしていると、腑に落ちない事、釈然としない事、モヤモヤすること、すっきりしない事だらけですよね。

オヤジくさい古い表現を使うと、「解(げ)せない」ことだらけ。。。
「仕方がないとき。」はひとまず謝っちゃいましょう。

「だって、、、。」
「しかし、、、。」
「でも、、、。」

って感じることだらけですよね。
ムキになっちゃってる上司や相手に感情的になってもあなたの疲れが残るだけです。
(仕方がない人だなぁ。)と思って、一言謝っておきましょう。

相手と距離を置いてみる

あなたから必要なこと以外言葉かけをする必要はありません。
必要最小限の事だけやり取りをしたら、一切かかわらないこと。

仕事であれば、可能な範囲で書類にメモや付箋用紙を付けて、「すみませんが宜しくお願いします。」
くらいにしておきましょう。

グループでご飯や遊びに誘われたら、仕事でないなら断りましょう。
自然と距離感が開いていくと、周囲も察してくれます。
最初はしんどいかもしれませんが、周囲が察してくれ始めたらしめたものです。

それでも案外仕事はこなせるものですよ。

仕事中は無表情でもいい

仕事中、ムリに声を出して笑う必要はありません。
何かを感じて自然に出る笑顔のほうが何倍も大切ですよ。
接客業や営業職であっても、仕事中は必要以上に笑顔でいる必要はありません。

上司や同僚の前でずーっと笑っていないといけないことなんてないんです。
オンとオフを使い分けましょう。
ここは表に出さないセルフコントロールです。

空気を読んだり、周りに合わせ過ぎようとして、無理やり表情を作る必要はないんですよ。

同じ土俵に乗らない工夫をする

距離を置いたり、無表情が慣れてきた。
そんな時に仕事で関わったとき、苦手な人の影響を受けてしまうかもしれません。
そこで冷静に淡々と対応してみましょう。

仕事である範囲のことだけ進めるんです。
もちろん、返事や応対はしないといけません。
一緒に笑ったり、相手の勢いに乗ったりイライラに反応したりは避けましょう。

揺さぶってくるかもしれません。
でもそこに乗らない。
乗せられないようにしてください。

一定の距離を置き続け、淡々と仕事を続けてみてください。

相手と関わらないようにする

職場の人間関係で疲れを感じる場合、その相手は影響力が大きい場合が多いです。
軸になるポジションだったり、上司から好かれ、職場で共感さる相手がおおくいるパターンがあります。
仕事が進み、職場に慣れるにつれ、いつの間にか相手との関りが増えています。

冷静に分析して、相手の影響力ができるだけ届かない位置で仕事を進めましょう。
流動的な人間関係の中で、時間や期間はかかりますが、疲れる相手との関りが減ってきます。
苦手な職場の人間関係の中で、気になる相手とできるだけ関わらない。

むしろ、関らないようにし続けましょう。

身体を鍛える


筋トレ、ジョギング、フィットネス格闘技。
簡単なことでいいです。
トレーニングを行いましょう。

人は体の軸を鍛えていくと、心が鍛えられます。
体幹が鍛えられると、姿勢に安定感ができてきて「ブレ」が少なくなります。
気力が高まり、感情の揺さぶりが大きく出やすい職場の人間関係に疲れることが少なくなります。

身体に自信がつけば、心が揺れ動かされることが少なくなります。
結果的にストレスを感じる職場にも自信がでてきます。
毎日数分からの自重トレーニングでもいいです。

週に2回20分~30分くらいのジョギングでもいいです。
運動で気力が充実しますし、ボディーメイクでセルフイメージが上がっていきます。
あなたの心が強くなり、集中力、耐性などパフォーマンスが高まります。

客観的な視点と判断がつき課題と解決策の思考力が伸びます。
おっして状況にあわせた柔軟な対応ができるようになってきます。
身体と身体がぶつかり合い、相手の呼吸感を肌で感じ、常に反応と行動を判断しないといけなくなるので決断力がつきます。

感情のコントロールがができるようになるので、身体を鍛えることはひじょうに有効なんです。

最後におさらいをしておきましょう

<スポンサーリンク>

まとめ

職場の人間関係がストレスで疲れたら
会社では上司、同僚、部下など、それぞれの立場上の関係性があってややこしい。
いつも人間関係がいいことなんてないんですよね。

いい状態をキープするのって本当に大変なんです。
職場の人間関係を簡単に円滑できる方法です。

・挨拶と返事はしておく
・素直に謝る
・相手と距離を置いてみる
・仕事中は無表情でもいい
・同じ土俵に乗らない工夫をする
・相手と関わらないようにする
・身体を鍛える

以上のご紹介でした。
できることから一つずつ試してみてください。
3か月ほどしたら職場の世界が変わってくるはずですよ。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*