職場の人間関係のストレス!苦しいあなたへの超効果手的な対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間関係のストレスは、仕事に支障がでます。
ひどい場合はうつ病や慢性的な体調不良になる場合もあります。
私も同じような経験をして、普通の状態ではいられず、心身ともに疲れ切った経験があります。

こういう状態は早く何とかしたいですね。

今回、私が試して効果があった方法を詳しくご紹介します。
職場の人間関係を改善し、より良い職場の環境、よりよい人間関係でストレスを減らして仕事をするための方法です。
あなたのストレス指数がいくつでも、職場の人間関係を改善する効果抜群の方法ですよ。

<スポンサーリンク>

職場の人間関係のストレスを減らしていく

無意識に溜まっていく仕事のストレス。
小さなテクニックを少しずつ積み重ねて、大きな効果を発揮できるようにできます。
これからご紹介する方法は、一つずつ少しずつ試せることです。

相手を否定しない

ここで言う否定は相手の言葉使いや習慣化されている行動など、あなたが感覚的にイライラする相手の行動そのものです。
笑われたとき、屈辱感を覚えているかもしません。
が、相手が笑っているとき、いつもイライラしてしまってませんか?

相手の言葉、行動、すべてに否定的になってしまうものです。
相手を否定せず、仕事以外のこと、必要なこと以外は聞き流しましょう。

<スポンサーリンク>

自分を見直し受け入れる

責任感の強いあなたのなら、なぜこんなに仕事ができないんだろう。
自分を責め続けているかもしませんね。

反対に、ここまでやっているのに何故認めてもらえないんだろう。
と歯がゆさを感じているかもしませんね。

仕事でできていないことは素直に受け入れて、修正されてみてください。
その仕事をこなすことに、時間がかかってしまうかもしれません。

根を詰める必要はないですが、指摘されたことはまずやっておきましょう。

やっておく。

これをコツコツ続けると、自然に周囲があなたを認めてくれます。
仕事に関してコツコツ続けて何も変わらないことが認めてもらっている状態です。
こうなると勝ちですよ。

挨拶の練習をする

元気のよい挨拶をすること。
あなたなりの元気でよいです。
もちろん「○○さんのような挨拶」といった理想があれば、それをコツコツ続けてください。

ムリをせずにあなたなりの挨拶を続けましょう。

30代、40代にはびっくりですが、「挨拶しない若手20代の会社員」は驚くほどいます。

「おはようございます。」
「お疲れさまでした。」
「お先に失礼します。」
「ありがとうございます。」
「申し訳ありません。」

基本中の基本の挨拶ですが、案外できていない人っておおいです。

だからこそ、挨拶の練習をしましょう。
車通勤なら車中がいいです。
電車通勤で時間がないあなたにはがおススメです。

洗面所とかでいいので、ぺこりと頭を下げてあなた自身のお辞儀を自分で観察してみましょう。
感じのいい挨拶を練習し、頭の中でのイメージトレーニング。
相手側を向いて、胸を張って、腰を下げて、手をそろえて・・・。といったかんじでイメージしてみてください。

毎日じゃなくていいです。
カレンダーにやってみようと予定を立てて、練習してみてください。
この思考と習慣がプラスに向いていきますよ。

紙に書きだす

大学ノートでもなんでもいいです。
紙に書き出してみましょう。

・ノルマがきつい。
・楽しくない。
・ご飯が美味しかった。
・雨が憂鬱だ。
・ドラマが面白かった。
・子供の誕生日だった。

なんでもいいです。
ポイントは、一文でも書くときに集中すること。
集中することで思考力や表現力を高めることができます。

思考力や文字での表現力が高まると、気持ちが前向きになります。
日にちをつけることで、一文でも続けると、日記になります。
振り返って後で読み直すと、あなた自身の感情や感覚を見直すことができます。

見直すことで、冷静に自分を振り返り、俯瞰することができるようになります。
俯瞰力が付き始めると占めたものです。
感情的にならずに、冷静でいられる状態を自分でできるようになります。

そして次に説明する「思考し実践する」ことに繋がります。

紙に書きだすことは、時には非常に疲れます。
これは思考するという頭を使っているからです。
考えて実行に移すという事はとても労力がかかります。

一方で、思考力と行動力がくっついてくるというプラス面があります。
じつは「思考力と行動力」は20代から30代前半までは勢いでイケるんです。

30代後半から思考し、実践し続けることは衰えてきます。
衰え始めてからは、それを維持することに注力すべきです。

学ぶことと行動に移すことを微々たる量でいいので続けることが重要です。
会社の仕事でも考えて実行されてみてください。
ただし、失敗や、指摘は甘んじて受け入れましょうね。

紙に書きだすことの「少しずつ」を積み重ねていきましょう。
もちろん、見られていないことでもOK。
むしろそのほうがいいかもしれません。

書類にラインを引くだけでもいいです。
よく使う手帳に付箋をはって、貼ったことは実行してみましょう。
与えられた仕事プラス「少しだけの考え」をプラスして実践してみましょう。

鍛える


筋トレ、格闘技、フィットネスなどであなたの体を鍛えてみましょう。
気合いが入り、生活リズムが楽になります。
気分がのってきて、声や表情にメリハリが出てきます。

気持ちが沈んだり、思わず愚痴ってしまいそうなことも忘れさせてくれます。
仕事でおこった不安かにゃ考え込む不安定などのデメリットを減らしてくれます。

趣味を作る

オフの時間に趣味を作りましょう。
図書館で読書する。
映画を見る。

上記の「筋トレを始める」でももちろんOKです。
仕事が趣味になってませんか?

(趣味が思いつかないなぁ)
(僕の趣味は仕事なんだろうなぁ)

そう思っているあなた。

一回思い切って思考をチェンジしましょう。
30代も、40代でも、趣味を作るんです。
趣味を始めるんです。

続かなくってもいいんです。
始めるっていうチャレンジが脳をリフレッシュさせ活性化させてくれますよ。

やってはいけないことに気を付ける

感情的になっているときは要注意です。
あなたの中で絶対に正しいと思っていること。
客観的に見れば人間関係をこじらせる言動になっていることが多いです。

感情的になってしまっては、あなたがトラブルメーカーになってしまいかねません。
意外と気付かずにやってしまうことがおおいです。

・イライラしたまま人と話をする
・感情的な状態でライン、メールなどを送る
・相手に対する誹謗中傷、愚痴を誰かに話すこと。

など・・・。

共通しているのは、感情的になり冷静さを失っていることです。
改善したいはずの人間関係をこじらせます。
感情的になっている時ほど注意しましょう。

職場の人間関係のストレスを解消する方法をご紹介してきました。
さいごにおさらいしておきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

職場のストレス解消方法の具体例でした

・相手を否定しない
・自分を見直し受け入れる
・挨拶の練習をする
・紙に書きだす
・思考し実践する
・鍛える
・趣味を作る
・やってはいけないことに気を付ける

精神論に据えがちですが、具体的に行動できる内容のものをご紹介しました。
じっくり取り組むことで効果が表れます。
少しでもストレスを減らして、職場の人間関係解消に取り組んでみてください。

きっとあなたのなかで変化がみえてきますよ。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*